腰痛による足のしびれや痛みの症状とは?しびれや痛みの原因とは

腰痛を発症してしまう原因も症状も様々ですが、腰痛が起きると同時に足が痺れてしまう時があります。この場合は、腰痛が非常に治りにくい可能性や他の病気の可能性もあるため、足が痺れているときは、早目に病院に行かなくてはなりません。

また、これらは筋肉によるものではなく、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症といった可能性があります。これらの腰痛の場合には、原因を把握することもできるため、腰に痛みを感じ、足が痺れた際にはこれらの場合があります。

しかし、まれに自律神経失調症や鬱病などが起きることによって、腰痛から足のしびれが起きることもあるため、まずは原因を突き止めることが最優先になります。放置しておくと足のしびれから痛みに変わってくることもあり、日常に問題が出てきてしまうこともあるのです。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

腰痛から足にくる痺れや痛みについて

これらの場合は、腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん)や腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎すべり症の可能性があります。これらは放置していると神経に麻痺が起きることで、痛みを感じにくくなり、時間の経過とともに排尿や排便の感覚すらわからなくなるため、失禁してしまう場合もあります。

しかも、足に感覚がないため、歩行困難になってしまい、転倒することも多くなってしまいます。そのため、腰痛からくる足のしびれは非常に危険な場合が多いのです。

腰痛から足に来る痺れの症状

その病気によって、症状もそれぞれ変わってきます。では腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症にはどのような症状があるのでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

ヘルニアは非常に治りにくく、腰痛からはじまり、だんだんとどちらかの足に痛みやしびれが表れ、痛みの度合いは足に電気を走らせたような痛みが、足に力を入れるたびに表れます。

長時間歩くことや動くこと、重い荷物を運んでしまうと腰から足の痛みへと変わり、足に電気を走らせたような痛みが響きます。

腰椎椎間板ヘルニアになると麻痺が起きますが、麻痺を放置しておくことで、勝手に転んでしまうことやサンダルを穿いたりしていても知らない間に脱げてしまう、自転車に乗る際にペダルに足を乗せている感覚も無くなるなど、大きな事故に繋がってしまう可能性もあります。

腰部脊柱管狭窄症の症状

寝ているときはあまり感じることがありませんが、長時間の散歩や長時間の立ち仕事を行っていることで足が痺れ、痛みます。しかし、腰部脊柱管狭窄症の場合は、座って休憩を取ることで歩けるようになりますが、また、すぐに足が麻痺して痛くなるため、何度も休憩を取らなくてはなりません。

最初の内は、休むことで歩けるため良いのですが、放置しておくことで少しの距離でもすぐに痛みだし、何歩か歩くだけでも痛くなってしまいます。さらに放置しておくことで、急に歩けなくなるといった歩行障害を起こしてしまう可能性が高くなります。

腰椎すべり症の症状

ウエイトレスや美容師、ショップ店員や運搬作業員など、長時間同じ姿勢を続けてることで腰痛から足の痛みに変化します。同じく排便をするときに麻痺してしまったり、歩行困難になることもあるため、注意が必要です。

自律神経失調症や鬱病

自律神経が狂っていることによって、腰痛から足のしびれに発展することもあります、また、それ以外にもふらつきなどが見られてしまうこともあります。

しびれや痛みの原因とは

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。これらには原因があります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

背骨は、何個もの椎体(ついたい)によってできていますが、この椎体の間には椎間板(ついかんばん)とよばれる椎体のクッションの役割をしてくれる部分があります。椎間板があることで、体を動かす際に前にも後ろにも腰をそらせることができます。

椎間板には、髄核(ずいかく)と呼ばれる液が含まれていますが、身体に圧を掛けたり、負担をかけすぎることによって、この椎間板に含まれている髄核が出てきてしまいます。髄核が出てしまうと、椎間板の中の神経が圧迫されてしまうため、痛みを発生させてしまうのです。

腰部脊柱管狭窄症の原因

脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれる部分は、背骨の中央にあたりますが、ここには馬尾(ばび)神経があります。しかし、年齢とともに腰の骨が変化していき、この脊柱管が狭くなることによって、馬尾神経が圧迫され、腰痛に繋がります。

まれに、生まれつき脊柱管が弱い場合や狭い人もいますが多くの場合は、年齢と重ねることによって、起きてしまいます。

腰椎すべり症の原因

これは女性に非常に多く、閉経した後の女性に見られていることからほとんどが、女性ホルモンが変化するために起きているといわれています。

自律神経失調症や鬱病で腰痛と起こしてしまう

多くの場合は、ストレスによって起きてしまいますが、生活習慣の乱れによっても起こってしまいます。特にストレスなどの負担が体に溜まることによって、自律神経が狂い、腰痛を感じてしまう神経を過敏に反応させることで、痛みが起きてしまいます。

腰痛による足のしびれは放置してはいけない

腰痛を起こしてしまうことで、足のしびれに発展する場合には、これらの病気に該当している可能性があります。そのまま治らないままでいると、病状は悪化して、介護が必要な状態になったり、大きな事故を起こしてしまう可能性もあるのです。

しかし、病院では痛み止めの薬や手術をすることで治すといった方法を取る場合が多く、大きな手術をする場合もあります。そこで腰痛改善ストレッチ「福辻式」をお勧めします。

この腰痛改善ストレッチ「福辻式」は、5年間で1万本も利用されているだけではなく、このストレッチ方法は正しい知識を利用して行っているため、多くの人が腰痛の悩みから解消されています。

しかも、1日5分の簡単ストレッチを行うだけで腰痛を改善に導いてくれる可能性があるのです。これならご自宅で行うこともでき、間違った方法ではないため安心して行うことができるのではないでしょうか。

この腰痛改善ストレッチ「福辻式」は簡単なストレッチだけではなく、腰痛があることでやってはいけないことや腰痛に関しての正しい知識がたくさん含まれています。腰痛にお悩みの場合は是非この腰痛改善ストレッチ「福辻式」をご利用ください。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ