アスペルガー症候群とは?アスペルガー症候群の症状とは

アスペルガー症候群とは、自閉症の中のタイプの1つで、1歳から5歳くらいまでは、言語発達に遅れがありませんので、アスペルガー症候群と判断するのが難しい場合もありますが、成長すると人間関係でトラブルが発生したり、仕事をする際に、ミスを連発しますので、分かる場合もあります。

また、アスペルガー症候群の方は、学生自体にいじめや辛い想いをしてきている場合もありますので、仕事でミスを連発した時に頑張りかたが分からなくなり、うつ病に陥ります。

では、具体的にアスペルガー症候群とはどんなものか、アスペルガー症候群の症状はどんなものがあるのでしょうか。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは、上記でも書いていますが、自閉症の中の1つのタイプで「対人関係の障害」や「パターン化した興味や活動」の特徴があります。

自閉症の場合は「対人関係の障害」「コミュニケーションの障害」「パターン化した興味や活動」の3つの特徴を持っています。生まれてから3歳児くらいの時には、分かると言われています。

アスペルガー症候群の場合は、知的発達に明らかな遅れはないものの、自閉症の特徴があるとされています。しかし、中には、アスペルガー症候群であっても、自閉症の症状が強い場合もありますので、アスペルガー症候群の方に合った方法を見つけ、支援していくのが大切です。

アスペルガー症候群の症状とは

アスペルガー症候群の症状とは、人間関係でトラブルを起こしたり、仕事でミスをする場合もあります。社会で通じる暗黙のルールも使えない場合があります。

アスペルガー症候群の方の姿勢

アスペルガー症候群の場合は、姿勢にも変化がでます。体のバランスをうまく取れずに座っている時は、背もたれに寄りかかり、やる気が無いような状態になります。

体のバランスをうまく取れませんので、体がぐにゃっと曲がったり、子供の時には、抱っこしてもしがみ付かず、ぐにゃっとした状態のまま、抱っこされる場合があります。

アスペルガー症候群の場合は、顔つきが独特で堀の深い顔をしていたり、顎がとがっている方が多いと言われています。身振りや手ぶりを付けれなく、コミュニケーションをとっても焦点の定まっていなくても、話しを聞いている場合があります。

人の気持ちを汲み取れない症状

アスペルガー症候群を発症している場合は、人の気持ちを汲み取れず、親が亡くなったり、友人に嫌なことがあった話をされても悲しみ方が分からず、急に笑う時もあります。表情も無表情に近い状態で、様々な表情を作るのは得意ではありません。

友人たちと話をして「これ内緒ね?」と言われても他の友人に話をするか、先生や他の人に友人にも悪びれなく話します。社会人になると会社の飲み会がつまらないと感じると「つまらないので帰ります。」とはっきりと素直に言います。

さらに、話を具体的に話す必要があり「オレンジジュースを買ってきて」と言われた場合は、100%のものなのか、メーカーは何なのか、サイズはどのくらいなのか、どれくらい冷えている物が良いのかと考えます。

具体的に話す必要がありますので「○○会社の500mlの一番手前にあるオレンジジュースを買ってきて」と伝えると話が分かります。

冗談を言っても通じず、本気で捉えることがあります。例えば「このジュース100万円もしたんだよ!」というと「100万円も?高すぎない?」と冗談が通じなく、「冗談だよ」と後から言っても「なんでそんなこというの?」と聞かれたりもします。しかし、相手は疑問に感じているだけですので、答えましょう。

行動がパターン化する症状

行動がパターン化します。例えば、ジュースやおにぎりを食べている場合、次も同じ商品を同じように買ってきて、自分のルールを作ります。幼稚園や保育園に通っている場合は、他の子に関心が無く一人で砂場で遊んでいたり、本を読んでいる場合があります。

社会人になった場合は、家に定時に帰宅するのが当たり前になり、残業などを言い渡された場合は、パニックになったり「急遽会議があるからね」と言われると次に何をすれば良いのかが分からなくなります。

多くの音の中で集中できない症状

友人と複数人で話している時や、パソコンや電話での話し声、外の車の音が気になり、上司が話している声に集中できず、ミスをしやすい場合があります。アスペルガー症候群の場合は、一つひとつの音が気になりやすく、上司の声のみを聴くのが難しくなります。

アスペルガー症候群は様々な症状があり、学生の頃に気が付きにくくても、社会人でうつ病になった時に分かる場合もあります。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

このページの先頭へ