老眼回復トレーニングとは?老眼の視力回復トレーニングの効果

老眼は、近くの物体や文字などを見たとしても、ぼやけることを言います。老眼になると、近くの文字が見えにくくなりますので、新聞などを遠ざけて見たり、老眼鏡を使用する人もいます。

歳を取ると目が見えにくくなりますが、老眼により視力が衰え、ものが見えにくくなります。老眼が始まるタイミングは女性が早く、40代くらいからは、老眼が始まると言われています。老眼は、40代から70代位まで続き、80歳には徐々に老眼の症状は落ち着いてきます。

老眼鏡を使用すると近くの物を見やすくなりますが、長時間掛けていると疲れやすくなりますので、基本的に長い間利用するのではなく、、本や新聞、画像など近くの物を見る時に、老眼鏡を利用します。しかし、老眼回復トレーニングを行うと、老眼鏡を使わずに近くの物が見えるようになる可能性もあります。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

老眼回復トレーニングとは

老眼回復トレーニングとは、老眼は、特に女性に多いのですが、40代くらいの人が多く、老眼になっているのを周りに知られたくないと感じる方がたくさんいます。眼科に行くのが遅れ、結果的には、目に負担が掛かり老眼になります。

目が霞むと、近くや遠くに文字や物を移動しても見えにくくなりますので、目が無理矢理ピントを合わせようと調節を行い、疲れやすくなります。これらは、トレーニングを行うと治る可能性があります。

細長い物を利用したトレーニング

約15センチの間隔をあけ、鉛筆や箸を一本持ち、その位置のまま、目だけで5m先の景色を見たり、鉛筆を見るようにします。他の物でも利用することができますので、長細い物を利用して行って下さい。

鉛筆を持って景色を見てから、また鉛筆を見るのを繰り返し行うと、老眼回復のトレーニングにはなりますが、長時間行うと目を酷使することに繋がります。なるべく5分間の間に行うようにしましょう。

目を動かしていると、毛様体筋を鍛えられますので、目の筋肉や緩んでいた筋肉が引き締まり、目のレンズの自動調整を行えるようになります。

何度もやると効果が表れやすくなります。1日に約4回以上は行ったほうがいいでしょう。具合が悪い時には行わないでください。

コンタクトを利用している場合

コンタクトを利用する場合には、そのままコンタクトを付けてトレーニングを行うようにしましょう。実は、コンタクトは近視や遠視が入っていたとしても、老眼用のコンタクトを作成する必要があります。老眼用のコンタクトレンズではない限り、近くの物が見えにくくなりますので、コンタクトを付けてもぼやけてしまいます。

老眼鏡を使ったトレーニング

老眼鏡を用意しますが、老眼回復トレーニングの老眼鏡は安いものでも構いません。度数を合わせる時には、約2.5くらいのものを選ぶようにしましょう。老眼回復トレーニングの際は、コンタクトを利用しないでください。

視界がぼやけているままでいいので、そのまま、5m以上先の景色の遠くを見るようにします。ぼやけている状態になりますので、見えにくいですが、老眼鏡を外したり、近くは見ないのが大切です。ぼやけている状態を約10分くらい見続けていましょう。老眼鏡を取ったら十分に目を休めるようにします。

老眼回復トレーニングの効果

老眼回復トレーニングの効果は、老眼トレーニングを行っている人は実際に多くいますが、老眼回復トレーニングを行って、実際に効果がでている人は非常に少なく、何度も行うと老眼は回復することができる場合があります。

家事やパートなどを行っている人は、1日に4回もトレーニングを行うのは難しい場合もあります。効果が見られていることも少ないことから、試す人も少ないようです。

まずは、急に視界がぼやけたり、近くの文字が見えにくいような状態になった場合は、早めに眼科に行くようにします。目を疲れさせると、身体に負担をかける可能性があります。

老眼回復のトレーニングを行うと目の筋力を鍛えることができ、老眼回復に繋がる可能性は高くなります。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ