子供の視力が低下する原因とは?子供の視力が落ちる原因とは

現代では、テレビゲームやパソコン、スマートフォンなど、子供が利用する姿もよく見られます。しかし現在では、子供でも0.1しか、視力が無い子供も中にはいます。

良く、親からの遺伝によって目が悪くなるという場合もありますが、実際に家族の目が悪くなくても視力が悪くなる子供はいます。遺伝ではなくても目が悪くなる時もあります。

視力が低下するのには、様々な原因があり、原因を少しでも取り除かないと、子供の視力が悪くなる可能性は高いでしょう。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

子供の視力が低下する原因とは?

子供の視力が低下する原因とは、現代には、子供の視力を低下させる、原因が様々あります。特に、目を凝視すると疲労は増えます。では、具体的に視力が低下する原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

テレビやゲームが原因

視力が低下するのには、テレビやゲームが原因の可能性があります。現在では、小型ゲーム機なども多く、テレビに繋げるゲームではありませんので、いつ子供がゲームを行っているのか分からなくなります。小型ゲーム機の場合は、部屋で行ったり、外で行うのも可能です。

また、小型ゲーム機は目を近付けなくては見えにくく、画面を目に近づけるのが多くなります。目を近づけると、目の筋肉が常に動いていることになります。目の筋肉で動いているのは毛様体筋や外眼筋です。しかも、良く車内で小型ゲーム機を行っている子供もいます。

車内でゲームをすると、動いている場所で凝視するのに繋がりますので、目に大きな負担をかけ、視力が低下する可能性が高くなります。

スマートフォンやタブレット端末も同様です。また、目を大きく動かさず、小さい画面の中で目を動かすだけになりますので、視力は向上せず、低下しやすくなります。

昔の子供が遊ぶ際には、外で遊ぶ時も多く、景色を見渡したり、友人を目で追いかける動作がありますので、視力が低下しにくかったと考えられます。

ブルーライトが原因

テレビやゲーム機には、ブルーライトが使われています。また、人間の目は強い光が長時間当たると、目の細胞にも負担が掛かります。スマートフォンやゲーム機はブルーライトが使用されていますので、視力が低下する原因になります。

ストレスが原因

視力には関係ないと思われがちですが、視力の低下にはストレスも関係します。例えば、学校内でのいじめや家族との関わり方、寂しい想いなど、さまざまなストレスにより、脳に過剰なストレスが掛かり、視力が一時的に低下します。心因性視力障害といわれ、視野が狭くなったり、近視になる可能性もあります。

子供の視力が落ちる原因とは

子供の視力が落ちる原因とは、子供の内から目を酷使すると、視力が落ち、落ちた視力は元に戻すのが難しくなります。さらに、行動によって視力が落ちる可能性があります。

姿勢が悪いと視力が落ちる

姿勢が悪いと視力が落ちる可能性があります。しかも、姿勢が悪いと前屈みになり、顔の筋肉が歪みますので、目の筋肉が歪み視力が落ちます。しかも、近視になる可能性が高くなります。

近視とは?近視になる原因とは?近視をチェックするには?

寝転んでいると視力が落ちる

寝転んでいると視力が落ちる可能性があります。寝転んで本やスマートフォンを見ると画面にピントを合わせるのが難しくなります。無理に合わせようとすると、片目で見なければなりませんので、乱視になる可能性が高くなります。

しかも、片目だけ筋肉を使うと、片目だけを酷使します。片方の視力が落ちる可能性が高いのです。

眼鏡やコンタクトが合わない

眼鏡やコンタクトが合わないと、視力が落ちる可能性があります。

子供の視力が落ちる原因は、非常に多く、家庭内では気を付けなくてはいけない点が様々あります。特に多いのはスマートフォンや小型ゲーム機を何時間も使い続けると、視力が落ちる可能性があります。

子供の場合は、目を酷使すると、視力が低下する可能性が高くなります。ですが、パソコンやスマートフォンを持っている子供は非常に多く、パソコンやスマートフォンを取り上げるのは難しいでしょう。

子供の視力を落とさないようにするには、長時間利用させるのではなく、時間を決めて使用させると、視力が落ち無くなるかもしれません。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ