近視とは?近視になる原因とは?近視をチェックするには?

視力が落ちると、景色や人の顔すらわからなくなる時もありますので、注意する必要があります。しかも、目が悪くなること、できないことも増えてしまいます。特に近視や遠視になった場合には、早めに矯正する必要があります。

眼鏡やコンタクトレンズを利用すると近視を治せる場合もありますので、子供の頃に近視になった場合には、訓練や矯正を行うのが大切です。特に近視の場合は、見えにくくなりますので、子供のストレスになり、子供が体調不良を起こす場合もありますので気を付けましょう。

近視になると必ず、近視の入った眼鏡やコンタクトレンズを利用しなければなりません。近視になる原因もたくさんあります。では、近視とは一体どういったことが原因で起こってしまうのでしょうか。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

近視とは

近視とは、通常目は、毛様体筋を利用し、目のピントを合わせていますが、遠くを見てる時には、毛様体筋は緩くなり、近くを見る時は、毛様体筋が緊張する状態になります。

毛様体筋が緊張すると、近くの物を見られますが、近視になると毛様体筋が緩くなりますので、目の前の物を見たとしてもぼやけてしまいます。自動調節が狂いますので、毛様体筋が緩い状態では見るのが難しく、目を酷使すると、眼精疲労が起きます。

近視は、矯正する必要があり、眼鏡やコンタクトレンズなどを利用します。近視になると、眼精疲労などが溜まりやすく、目を細めますので、目の角膜が歪んで、乱視になる場合もあります。

近視になる原因とは

近視になる原因とは、さまざまあり、遺伝によるものやその場の環境が原因で近視になる時もあります。

その場の環境が原因

パソコンや本をよく見る時に近くを見る癖が付き、遠視を近視を調節する自動調節が狂います。目の自動調節が狂うと、近くが見にくくなり、近視になる恐れがあります。

現在では、テレビゲームやスマートフォン等があり、近くで目を酷使する時もあります。家庭や日常生活の中の環境が原因で近視になるともいわれています。

遺伝子が原因

実は、近視の遺伝率は約89%と言われていて、民族の違いでも遺伝に関係する場合があると言われています。遺伝の場合は、成長する過程で近視になるのではなく、生まれついた時に近視が起きている場合もあります。

食べているものが原因

小さい頃に近視になることが多く、炭水化物を多く摂るとインスリンが多く出てしまい、インスリンが原因で近視になっている可能性もあるといわれています。

眩しい光が原因

小さい頃に近視になることが多いため、夜間に灯りをつけている部屋で寝かせているまま育てると、近視になる時もあります。

近視になる原因には様々あり、上記に書かれているものが、近視を引き起こしている可能性があるといわれています。他にも様々な原因はありますが、確定的な原因は今のところ見られてはいません。

近視をチェックするには

    1.良くテレビやパソコン、本などを何時間も続けて見るのが多い
    2.見えないものを見ようと目を細める時が多い
    3.夜の日は物を見るのが難しい
    4.パソコンなどの近くを見る作業で目が疲れやすい
    5.常に眼精疲労だ
    6.夜に電気などを付けないでテレビを見ている
    7.家族に近視の人がいる
    8.仕事をしている最中に肩こりや頭痛が起こりやすい
    9.本やスマホは近くで見る
    10.近くの文字がぼやけやすい

近視になることによって

近視になることによって、近視は、遺伝が原因で起きるのが非常に多いですが、現在の環境は近視になりやすく、子供でもスマートフォンだけではなく、パソコンなどをみていることから、近視になっている場合が多くあります。

しかも、近視は、近くの物が見えにくくなりますので、眼精疲労に繋がります。目が充血している場合は近視による眼精疲労の可能性が高いでしょう。

近視も早期発見で治る可能性があるかもしれません。すでに、近視の際にはトレーニングを行うのが大切です。特にこの1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法を利用することで近視が治る可能性だけではなく、視力が上がる可能性もあります。

実は、1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法は非常に簡単な方法で、ヒモとビーズを利用することで、行えるだけではなく、この方法を実際に試しているお子様たちは、視力がアップしているのです。トレーニングを行うこと、近視や視力アップができる可能性があります。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ