視力回復トレーニングとは?視力回復トレーニングの効果とは

目は、使いすぎると視力が悪くなることが多く、目が見えなくなると非常に不便になります。見ているテレビや風景、友達や家族の姿までぼやけます。特に0.01の視力の場合には、色しか区別できるものが無く、色以外はぼやけて見えるのです。

視力は、若い頃から衰える場合も多く、小学校低学年なのにも関わらず眼鏡を利用する子供も多くいます。しかし、小さい頃からメガネやコンタクトをすると目に傷がつきやすく、メガネの場合は、レンズが壊れ、さらに視力が低下する可能性もあります。

しかし、視力はトレーニングを行うことにより、回復する可能性があります。トレーニングを行うと実際に視力が上がっている人もいます。視力トレーニングにも様々な方法があり、行い方も違いがあります。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

視力が悪くなる理由

視力が悪くなる理由は、現代では、テレビゲームやパソコン、携帯やテレビなどが普及していて、全て近くで直視するものになります。自ら発光しているものを、長時間見続けると目を酷使するだけではなく、毛様体筋(もうようたいきん)と呼ばれている部分が長時間緊張し、目が悪くなります。

毛様体筋(もうようたいきん)とは

毛様体筋は物や景色などを見る際には、必ず使用されている目の筋肉で、自律神経によって緊張したり緩んだりします。目で遠くを見ようとすると毛様体筋がリラックスして緩みますので、遠くをはっきりとみられます。

また、近くを見る場合、毛様体筋は緊張する状態になります。しかし、視力が低下すると毛様体筋が常に緊張する状態となり、遠くを見てもぼやけます。ですが、視力回復トレーニングを行うと毛様体筋を鍛えられ、視力が悪くならない可能性が高いのです。

ちなみに、目には水晶体と呼ばれるものがあり、ものを見る際に重要な役割を行っています。目の水晶体の毛様体筋が緩んでいるときは、うすくなり、毛様体筋が緊張している時には、水晶体は厚くなります。

毛様体筋を使ったトレーニング

毛様体筋を使用する場合には、遠くと近くを交互に見るトレーニングが必要です。例えば窓などに立ち、窓の近くには何か違うものを置き、遠くを見るときは景色の遠くを見るなどして、毛様体筋を動かします。毛様体筋を使ったトレーニングを行うことによって、長時間緊張した毛様体筋をほぐせる可能性があるのです。

遠くの景色を見る際には、遠くにある見えなくても小さいものを凝視するのが必要です。見えなくても見ていると視力が良くなり見えるようになる可能性があります。また、気持ちで見える、見えると思っていると見えてくる場合もあります。

毛様体筋トレーニングを行う際の注意点

必ず裸眼で行うようにし、メガネやコンタクトは使用せず行うようにしましょう。ですが、極端に視力が悪いときには、メガネやコンタクトを付けて行っても良いです。目を酷使しますので、長時間は行わず、10分から15分の間で行うのが大切です。

また、10分から15分のトレーニングを行った後は、マッサージやホットタオルを利用し、目を休めてください。目をマッサージする時には、あまり強く押さずに、目頭と目頭の間を親指と人差し指でこするとツボを刺激するのができます。

ホットタオルは温かく、目の周りの固まった血行を促進する役割がありますので、目を使い過ぎたときは、ホットタオルやマッサージを行うと良いです。

視力回復トレーニングを行った後の効果は?

視力回復トレーニングを行った後の効果は、効果は徐々に出てきますが、疲れてやめたり、毎日の訓練を忘れると視力は、だんだんと元の状態へ戻ります。視力を良くしたい場合には、視力回復トレーニングを毎日行い、視力が良くなった後も続けなくては意味はないのです。

しかし、視力が悪くなると日常でも不便で、コンタクトレンズやメガネを購入する場合、コンタクトレンズは無くなるたびに買い続けなくてはいけないもので、メガネもフレームが曲がり、何度もメンテナンスをする必要があります。目が悪くなると良いことはないのです。

目が悪くなることによって

視力回復トレーニングを行うのも良いのですが、さまざまな方法がありますので、その中からご自身に合っているものを選ばなくてはなりません。トレーニングを行った場合には、毎日続けなくては効果を持続させるのはできません。

トレーニングを辞めてしまうと効果がもとに戻ったり、メガネを掛けなくてはいけない生活やコンタクトにしなくてはいけません。メガネやコンタクトを何度も使用すると目に傷が付いて、目が悪くなります。眼科にも何度も通わなくてはなりません。

視力回復トレーニングは、目を良くすることができる可能性があるだけではなく、毎日続けると視力低下を防ぎ、目を鍛えるためにいい方法といえます。

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ