近視を回復するには?近視矯正・近視治療・近視対策・近視予防とは

子供の頃は、視力が近視や遠視になりやすいですが、近視を放置しておくと、目が悪くなる可能性もあります。視力に近視が含まれているだけで、近視のメガネやコンタクトレンズにする必要があります。

しかも、近視の場合は、目が疲れやすく、パソコン等の長時間目を使う仕事は、裸眼で働いているよりも倍の力を使います。近視はトレーニングにより治す方法もありますが、他にも近視の治療や矯正などを利用する方法もあります。

近視を直すと、眼精疲労もなくなり、少しずつ目が回復するかもしれません。視力が悪いと人の顔を見れなかったり、文字も見えなくなりますので、日常で不便になるだけではなく、仕事や学校でもミスが増えます。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

近視を回復するには?

近視を回復するには、近視の自動調節で使われている筋肉を鍛えるのが必要です。

毛様体筋を鍛える

毛様体筋は遠くを見たり、近くを見る時に利用する筋肉のことで毛様体筋が緩むと遠くを見られ、近くを見る場合には、毛様体筋が緊張して近くを凝視できます。特に、毛様体筋を鍛えると、目が鍛えられますので、近視を戻せる場合があります。

外眼筋(がいがんきん)を鍛える

外眼筋は、眼球で様々な方向を見る時に利用する筋肉ですが、目は血行が悪くなると疲れやすくなります。近視を回復するには外眼筋を鍛えるのも必要です。外眼筋を鍛えると、目の病気だけではなく、目が疲れにくくなる可能性があります。

近視矯正・近視治療とは

近視矯正や近視治療とは、近視矯正を行う際には、メガネやコンタクトレンズ、手術などの方法もあります。

メガネやコンタクトレンズの場合

メガネを利用している場合にも、眼鏡で矯正はできますが、遺伝によってはできないくらい、強い近視もあります。

近視の目をコンタクトレンズで矯正しますが、ソフトとハード、コンタクトレンズには硬さがあり、コンタクトレンズの硬さによっても近視の進行度合いが変わります。ハードレンズは目を擦った時に目を気ずつける可能性もありますので、近視が進む可能性があります。

ソフトレンズの場合は、近視の進行スピードは遅いですが、雑にコンタクトレンズを扱っていると、すぐに、病気になる可能性もありますので、コンタクトレンズの扱いは気を付けなくてはなりません。

レーシック手術を行う

レーシック手術などを行うと、治る可能性もありますが、目の中の手術を行う必要がありますので、時間が掛かるだけではなく、失明したり、視力を低下させるなどの問題点が多くあります。

眼内コンタクト挿入を行う

眼内コンタクトの挿入とは、角膜を切開し、眼内にコンタクトレンズに似ている眼内レンズを入れ、近視を強制する手術もあります。しかし、手術の費用が掛かるだけではなく、保険は適用されない時のほうが多くなります。

様々な治療法や矯正方法はありますが、まだまだ問題点があり、費用も多く掛かります。近視を治す場合には、トレーニングを行ったほうがいいでしょう。

近視対策・近視予防とは

近視対策や近視予防とは、近視にならない場合は対策や予防を行い、目を視力低下から守るのが大切です。

目を使い過ぎない

現代では、パソコンやテレビゲーム、スマートフォン等があり、子供でも一人で携帯を見るのも増えてきました。スマートフォンなどを近距離で見ていると目の自動調節が狂いやすくなります。

通常は、物を近くで見る際、筋肉が緊張する状態になりますが、長時間使いすぎると、目が疲れやすくなります。ゲームやスマートフォンなど近くで物を見る場合は、目を30分見たら休ませるなどの対策を取らなければなりません。

仕事などでもそうですが、パソコンを長時間見ているのではなく、たまにはパソコンから目を離すのも必要です。

夜に目を使う

夜勤や夕方の勤務などの場合は、朝方よりも目が疲れやすくなりますので、目を休ませる時間が必要になります。夕方から、残業や仕事の場合には、目をたまに閉じる時間を設け、目を休ませるのが必要です。

猫背のままで本などを読む

姿勢が猫背だったり、寝ながら本を読んだりすると、目に負担を掛ける恐れがあります。しかも、目に負担を掛けるだけではなく、視力を低下させる時もあり、姿勢を良くするのが大切です。

近視にならないためには

近視にならないためには、日常生活でも近視の原因になるのを気を付けるのも大切ですが、トレーニングも必要です。目を回復する際のトレーニングや近視治療はさまざまありますが、近視治療の場合は、目を手術する必要がありますので、治療などのコストが掛かるだけではなく、時間も掛かります。

そこで1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法を利用すると視力を上げられるでしょう。1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法は、ビーズとヒモのみを使って行う方法で、自宅で簡単に行えます。

しかも、簡単で続けやすいのです。1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法は、トップアスリートなども取りいれているほどの方法になりますので、お子様の視力が上がるのも可能な場合も出てきます。

お子様の視力はすぐに下がり、近視なるだけではなく、裸眼で過ごせない場合もあるのです。

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法は、病院や手術などのように、何度も通わなくても良く、レーシック手術などで起きやすい視力低下や失明が起こりません。自然な方法を行うと、目を鍛えられる可能性が高いのです。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ