子供の視力の平均は?年齢別の視力の平均とは

現代では、テレビゲームだけではなく、スマートフォンやパソコンなどが一家に1台はある時代です。しかも、子供からすでにパソコンを使いこなしてるほど、子供でもパソコンを長時間見ていることも多くなりました。

目を酷使するというのは、それだけ、視力を低下させることに繋がります。現在では、小学生からすでに眼鏡をする子供もいますので、視力が悪くなっているというのが分かります。

視力を悪いままにすると、大人になった時には、さらに視力が悪くなるだけではなく、眼鏡やコンタクトにする必要もあります。視力を悪くしないようにするには子供の視力の平均を把握するのも大切です。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

子供の視力の平均は?

子供の視力の平均は、5歳~6歳で視力は1.0以上になります。子供の視力は、大人と同じくらいの視力ですが、1.0の視力よりも低い場合は、視力に異常があるということです。

子供の視力を回復させるには?子供の視力を良くするには

また、視力は子供の頃から備わっていますが最初から視力が良いわけではありません。1歳で0.2~0.25だけしかなかった視力が良くなりますので、3歳~6歳ごろに安定し、1.0となります。

10歳の男子の視力は、平成8年では、1.0以上の子供が約83%いたにも関わらず、平成25年には、1.0以上が80%だけしかいません。女子でも平成8年には、1.0以上が79%で平成25年なると、女子は77%しか1.0以上がいません。

視力の平均を見ても、小学5年生~小学6年生までで視力が下がる子供は多くなります。しかも、約0.7未満の子供は約9%もいるのです。さらに視力が悪くなった場合は、眼鏡を掛ける必要があります。1.0以上を保てている子供は、非常に少ないのが分かります。

年齢別の視力の平均とは

年齢別の視力の平均は、20代~60代までは、視力が0.2未満で、やっと70代以上になって、視力の平均が良くなります。0.8~1.0未満になります。しかし、視力を平均として見てもわかる通り、若い順に視力が落ちているのがはっきりとわかります。

しかし、全体的に見ると、圧倒的に多いのは0.2未満なのです。0.2は視界がぼやけますので、ほとんどの方が眼鏡やコンタクトをする必要があります。70歳の視力の平均に20歳の若い子どもが負けているのです。

現代の視力は悪くなりやすく、1.0以上の視力の方があまりいないのです。ゲームやパソコン、スマートフォンが普及しますので、目を酷使する時が多いのです。

人は生まれた時は視力が、0.1未満ですが5~6歳になる頃に、視力は大人と同じ1.0以上になります。視力は1.0以上から守る必要があります。年齢別の平均が、0.2未満という場合は、ほとんどの方が眼鏡やコンタクトを付けていることに繋がります。

視力を取り戻すのには、子供の頃から視力を守り、1.0以上のままから悪くしないのが非常に大切です。子供の頃から目を酷使せず、テレビを見ている時には休憩を取り、視力を低下させないように努力し、なるべく平均の視力を保ちましょう。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ