視力回復トレーニングは毎日必要?視力回復トレーニングの期間とは

視力回復トレーニングを行う時には、無理をするのはいけませんが、毎日続けるのは非常に大切です。しかも、視力回復トレーニングは、続けなくては、すぐに視力が低下しますので、継続に意味があります。

まずは、ご自身でどの時間にトレーニングを行うのかを決めて、習慣化する必要があります。視力回復トレーニングを毎日行うと、視力が上がる可能性は非常に高くなります。

目が悪くなると、周りの風景や人が見えなくなるだけではなく、強度の近視の場合は、網膜剥離と言われる恐ろしい症状になる場合もあり、網膜剥離になると失明する可能性もありますので、視力を回復させるのは非常に大切です。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

視力回復トレーニングは毎日必要?

視力回復トレーニングは、毎日必要です。視力回復トレーニングを行わない日が続くと、元の視力に戻ります。しかし、毎日何時間も同じトレーニングをすると目を酷使しますので、非常に危険です。

視力回復トレーニングの習慣化

視力回復トレーニングは、一度行ったらすぐに回復するものではなく、常に行わなくてはいけないものです。まずは、習慣化するといつでも視力回復トレーニングを行える可能性があります。

視力回復トレーニングを日中行う場合

視力のトレーニングを行う際、習慣化する場合には、時間をはっきりと決めるのが必要です。例えば、会社などの空いた時間ではなく、例えば、昼食時間なら、その時間に決めておき、10分から15分どの時間でも良いので、視力回復トレーニングを行う時間を決めましょう。

昼食が12:00~だった場合には、昼食を食べる前に12:15分までと時間を決めて行うと習慣化しやすくなります。視力回復トレーニングを行う場合には、近くを見た後に、遠くにある文字や風景を見るのを15分間の内に行います。

遠くを見ると、視力回復トレーニングを行いやすくなります。また、休みなどが無い場合には、時間が取れる時に行います。パソコンの文字を見た後に、遠くのカレンダーの文字を見ると、視力を鍛えられる可能性があります。座っている時や時間が取れる際は、遠くの景色を見渡すのも良いです。

さらに、デスクワークを行っている時に一時間パソコンに向かったら、パソコンから目を離し、左から右にスライドさせるように全体を見渡します。一時間ごとに視力トレーニングをすると近くや遠くを見る時に利用される、毛様体筋をリラックスさせやすくなります。

デスクワークで疲れている時には、目の目頭と目頭の間のつぼや両方のこめかみにあるつぼを押すと少しは目を休められます。目を休めるのは非常に大切です。

目は疲労によって悪くなる

目が疲れたまま放置すると、そのまま、視力は下がっていきます。携帯電話を長時間弄ると目は開いている状態になり、目を休められません。

目に疲労を溜めると、目の筋肉がしっかりと働かなくなり、目が悪くなります。目を酷使した時には、放置をせずにマッサージや視力回復トレーニングを行うのが必要です。

視力回復トレーニング自宅編

自宅でも視力回復トレーニングを行えます。寝る前は、何も邪魔が入りませんので、寝る前にホットタオルなどで、目を温めると目の血管が拡張され、目の周りの血流を促進する働きがあります。

寝る前には、何度か目を強く瞑り、目の瞬きを繰り返し行うと目の周りの血流を促進してくれます。視力回復を行うには、目の周りの毛様体筋(もうようたいきん)を解すのが大切です。

視力回復トレーニングを行う期間は?

視力回復トレーニングを行う期間は、何度も行わなくては効果が無いのですが、視力回復トレーニングには個人差があり「何年も行ってやっと視力を回復することができている人」「2か月後すぐに回復することができている人」とバラバラです。

視力回復トレーニングを行って、視力が良くなる期間は人それぞれなのです。視力回復トレーニングを行うだけで2か月後には、視力を回復することができる可能性がある方もいます。

視力回復トレーニングを行うと視力を回復できる可能性は高いですが、実際に高い器具などを使用し、視力の回復ができていない人もたくさんいらっしゃいます。現在は、視力を回復するためのスクールなどもありますが、高いお金を払っても視力を回復できない可能性もあるのです。

視力を回復する場合は、視力回復トレーニングを毎日行うのが必要ですが、期間が決まって無ければ続けるのは難しくなります。子供の内から視力を良くしておくと、視力は落ちにくくなりますので、視力回復トレーニングを行うのは無駄ではありません。

視力を回復トレーンニングを行う際は、毎日行うのも必要ですが、目をまずは疲れさせないのが大切です。目を休ませながら行うと、視力を落とすことも少なくなるでしょう。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ