立体視の視力回復トレーニングとは?立体視の視力回復の効果とは

目で物を見る時には、目の周りの筋肉を鍛えると、視力が上がる可能性があります。さらに、普通に物を見る時には、あまり利用しない筋肉を継続して使うと、目の筋肉が鍛えやすく、視力をアップする場合があります。

立体視といった言葉を聞いたことはあるでしょうか。立体視は、2つの画像を見る時に目が別々に画像を見ると、立体的に浮かび上がる画像を見れるのを立体視と言います。

立体視を利用した視力回復トレーニングもあり、立体視を利用すると、日常では利用しない筋肉を使用しますので、視力回復ができる可能性があります。立体視で物を見るのは難しいですが、トレーニングを行うと、見える場合があります。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

立体視の視力回復トレーニングとは

立体視の視力回復トレーニングとは、立体視は、ホログラムと呼ばれています。立体視の視力回復トレーニングを行う場合は、2つの画像を左右の目で右の画像は右目、左の画像は左目に合わせて見ていきます。また、立体視する方法には、平行法と交差法の二つがあります。

立体視する時に平行法を使う

平行法は、2枚の画像を見る時に、真っ直ぐな状態に座り、首と目を動かさず、立体視する画像から真っ直ぐな状態を作り出します。立体視に利用する画像は、視力回復画像を参考にします。

画像を見る際には、深呼吸をしますが、お腹に息を溜めて深呼吸したほうがより、リラックスできます。体をリラックスさせた状態のまま、目を開き、ぼんやりと画像の遠くを見るようにします。平行法を行う時に立体視を行えない場合は、眉間の方にノートを挟むと、見える可能性があります。

目が疲れない程度で良いですので、平行法を行う時には、身体の力を抜いて、左右の視線が交わらないようにして見ると、立体視できる可能性があります。立体視するコツは、左右の目で見ながら、ぼやけさせることが大切です。

立体視する交差法

体をまっすぐにし、首や目も真っ直ぐな状態にします。視力回復画像を用意し、右の画像は左目、左の画像は右目と、交差するような状態で見ます。交差法はより目をする感じで行います。

立体視は、なんの器具も使用せずに見られます。この方法を裸眼視立体視といいます。立体視で物を見ると、目の周りの筋肉が訓練できますので、コリをほぐし、毛様体筋を鍛えると同時に、視力が回復できる可能性があります。

目の筋肉が緩んでいると、目の視力が悪くなりますが。毛様体筋を鍛えると目の視力は回復するのができていきます。

立体視の視力回復の効果とは

立体視の視力回復の効果とは、実際に私自身、立体視を行ってみましたが難しく最後まで行うことはできませんでした。確かに目を鍛えてはいる気がするのですが、3分もしない内に疲れてしまいますので、パソコン利用する回数が多い場合は、すぐに疲れやすくなる可能性があります。

立体視するには、まずは、コツが必要なりますので、コツを掴まなくてはなりません。立体視をするには、何度か練習する必要があります。立体視を行う場合は、コンタクトレンズなどは使用しないで、行った方が目を傷つけにくくなります。

立体視の視力回復トレーニングでは、平行法と交差法、方法は2つありますので、ご自身が行いやすい方法を行うのがいいかもしれません。効果はあるのかも知れませんが、毎日行って継続しなくては意味がなく、一回でも継続することができないとすぐに元の視力に戻ってしまいます。

高い視力を継続する場合は、立体視の視力回復トレーニングを何度も行うのが重要になります。

正しいトレーニングを行いましょう

視力を鍛えるために立体視の視力回復トレーニングを行うのはいいかもしれませんが、目を酷使してしまうため、疲れてしまう可能性もあり、視力回復画像をまずは探さなくてはならないので、手間がかかってしまいます。

目は一生大切にしていかなくてはなりませんが、視力が悪くなることで、見えやすいものが見えにくくなることもあり、視力の低下はストレスにも繋がってしまいます。

立体視の視力回復トレーニングを行うのも良いですが、もっと多くの視力回復トレーニングを行うことによって、視力を簡単にアップすることができるかもしれません。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ