視力回復トレーニングの方法とは?視力回復の自宅でのやり方とは

視力トレーニングは、たくさんありますが、さまざまなトレーニング方法がありますので、ご自身にあっていないトレーニング方法もあれば、合っているトレーニング方法もあります。トレーニングを行うと、視力を回復するのができ、メガネやコンタクトなどが必要なくなる可能性があります。

視力が悪くなると、さまざまな問題が起きやすくなり、運転免許証を採る際も目が悪ければ、車を運転するのも難しいのです。ですが、現代では携帯電話やスマートフォンを一人一台持っているような時代で、暗い中でも発光しているそれらを見るようになりました。

しかも、携帯だけではなく、ゲーム機も小型化してきていますので、寝る前に遊んでいる子供も多いのではないでしょうか。小学生くらいの子でも目が悪くなっている場合もあり、メガネやコンタクトをする場合があります。

しかし、小さい頃から目が悪くなるというのは、大人になるにつれて視力も下がっていくのではないでしょうか。そこで視力回復トレーニングが必要なのです。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

視力回復トレーニングを行う前に

視力回復トレーニングは、長い間おこなわず、10分間から15分間の間で行えるようにしておくことで、目を使い過ぎないようにしましょう。

目が疲れてしまうことで

長時間目を使うことによって、目が乾いた状態になりドライアイになります。このドライアイが起きてしまうと、目に傷が付いたり、目の中に空気中に浮いているゴミや細菌が入りやすくなってしまいます。

ドライアイとは

通常目は、涙の膜でおおわれていますが、目を長時間使ったり、瞬きをしない回数が増えることによって、コンタクトレンズなどを利用している人はドライアイになってしまう可能性が高くなり、目のストレスにもなるため、目を疲れさせてしまいます。

視力回復トレーニングの方法とは・自宅で行う方法

視力回復トレーニングにはさまざまな方法がありますが、ご自身に合っている方法を組み合わせることで、視力を回復させることもできるのではないでしょうか。

目の周りの血行を良くする方法

目の疲労を取るためにも利用されている方法ですが、これを行うことによって目の周りの血流が促進されるため、目の疲れなどを癒すことができ、効果は一時的なものでもありますが、継続して行うことによって、近視になるのを防いでくれる働きもあります。

まずは、タオルを用意して水で絞り、電子レンジで一分間あたため、熱くないと手で感じたときに目に乗せるようにしましょう。

電子レンジで温めると非常に高温になるため、取り出すときに火傷する恐れもあるので注意して行いましょう。ホットタオルを目の上に載せて5分間放置します。朝に行うことによって目が冴え、疲れにくくなる可能性もあります。

タオルなどもない場合

タオルが無いときには、両手をこすり合わせて、摩擦の熱でまず、手の平全体を暖め、その手のひらを目の周りに、かぶせることで目の周りの血流を促進させることができます。

視力回復トレーニング

目をつぶったときに10秒間上を見ます、その時には目を動かさないようにしましょう。次に目を強くつぶりながら、眼球を下、右、左と10秒間繰り返すようにしましょう。

また、誰かに立ってもらい指の先端を右、左と動かしてもらい、それを見つめているようにすることで視力アップを行うことができるかもしれません。

瞬きをする方法

強く瞬きをするのがコツですが、カウントを自分で数えながら瞬きをぎゅっとするようにしましょう。カウントが5の時には目をつぶったまま、さらに5秒間ほど放置することによって視力が回復する可能性があります。

動画で行うこともできますが、動画の中では視力アップと偽って怖い画像を出したり、びっくり動画のような動画もあるため気を付けるようにしましょう。また動画や画像使用した視力回復トレーニングはあまりお勧めできません。

PCやスマートフォンは青色の光を利用していますが、動画を見る際はこの光を見る人も多いのでは無いでしょうか。これらを見過ぎることによって目を疲れさせてしまったり、網膜に炎症を起こしてしまう可能性もあるのです。

視力回復トレーニングを行う際には

視力を回復したい場合には、必ず長時間行うのは避けるようにしましょう。網膜に炎症を起こしてしまったり、目が疲れてしまい、目が悪くなる可能性もあります。光が強すぎて、不眠症になってしまうこともあります。

視力回復トレーニングを行うのも良いのですが、目が悪くなってしまう可能性もあるためご自身に合っている方法でトレーニングするのが良いでしょう。そこで、みるみるよくなる視力回復法をお勧めします。この方法はトップアスリートも取りいれている方法で視力を上げることが簡単にできるかもしれません。

視力が低下することによってさまざまな問題が起きてしまいます。しかもドライアイになり目に直接傷がつくことによって目の病気になってしまう可能性は非常に高くなってしまいます。

目を守るためにも視力を上げることは大切なのです。子供の時から視力が悪いと大人になってから困る場合が非常に多くなってしまいます。まずは視力回復法を行うことによって視力回復を行うことができるのではないでしょうか。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ