老眼とは?老眼になる原因とは?老眼をチェックするには?

目が霞む日が続く、近くの文字や新聞の文字が見えにくい、人の顔も見にくくなった場合には、老眼の可能性が非常に高くなります。老眼になると、見えないものを無理やり見ようとしますので、目に掛かる負担は大きくなります。

現代では、自分が老眼になったのを認めたくない気持ちがあり、眼科に行かない方もいます。しかし、老眼は誰にでもあるものなのです。老眼を放置すると具合が悪くなるだけではなく、目が見えにくくなりますので転倒にも繋がります。

老眼は、子供の時や早めに予防すると、過度の老眼にならない可能性もあります。早めに予防をするには、老眼をチェックし、早期発見をするのが必要です。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

老眼とは?

老眼とは、老眼は歳をとると起きる老化現象です。だいたい早い人では、40歳から感じられる方もおり、近くの物が見えにくくなります。通常の目は、レンズが毛様体筋によって、薄くなったり、厚くなるを繰り返し、遠くのものが見えたり、近くの物が見えます。

しかし、老眼になると厚くする際に利用するる毛様体筋の筋肉が弱まっていますので、薄いレンズを厚くするのが難しくなります。また、水晶体も老化によって硬くなりますので、変形するのが難しくなり、ピントを合わせられなくなります。

40歳から始まったとしても、60歳くらいには視力が安定して、見やすくなります。ですが、それまでは老眼は進行します。

遠視の老眼の場合

遠視の場合は、老眼になる年齢が非常に早く、近くも遠くも見えにくくなりますので、老眼鏡を使わなくては見えにくくなります。老眼が始まるのも早くなります。

近視の老眼の場合

近視の場合は、近くが見えにくくなりますので、老眼になりにくいと勘違いされますが、既に老眼になっている可能性があります。近視の老眼は見分けにくいのです。

老眼になる原因とは?

老眼になる原因とは、老眼は人間が歳を重ねるにつれて、老化し、起きますが、実際に老眼になる原因にはどんなものがあるのでしょうか。

目を使いすぎるのが原因

現代人は、パソコンやスマートフォン、テレビや小型ゲームなどを見続ける時間が多くなっています。また、暗い所で少し灯りをつけて本を読んでいる場合も同様です。目を酷使するとで、毛様体筋の力が弱まります。

近くを見ていると毛様体筋が緊張しているままの状態が長時間続いてしまいます。眼精疲労など、良く目を使っている人は老眼になるのも早いかもしれません。

歳をとるのが原因

目の中には、水晶体といわれる、物を見る際に利用するレンズがあります。目の中のレンズが、歳を取ると調節するのが難しくなります。レンズが固くなりますので、自由に変形することができなくなります。調節ができませんので老眼になります。

老眼をチェックするには?

老眼をチェックするには、老眼が進むと、吐き気や頭痛、肩こりの原因になる可能性があります。放置しておくと目や体に負担が掛ります。まずは、早めに老眼をチェックするのが大切です。

老眼チェック

    1.新聞やチラシ、本の文字が見にくくなった
    2.スマートフォンを見るときに目が疲れやすい
    3.近所の人の顔や家族の顔がぼやけている
    4.眼精疲労が多い
    5.吐き気や頭痛。肩こりなどの症状が多い
    6.近くのものを見る際には目がすぐに疲れてしまう
    7.目を細めても見にくくなった
    8.夕方になると暗いせいもあり、周りが見えにくい
    9.メガネやコンタクトを使っても見にくいものがある
    10.良く周りを見ないとものが見えない

これらの項目に2個以上当てはまっている場合には、老眼の可能性があります。しかし、眼科で調べてもらえますので、早めに行くようにしてください。

老眼を早めに予防する

老眼を早めに予防するのは、非常に必要です。老眼は、筋肉の衰えやレンズが硬くなりで起きますので、トレーニングをするのは、非常に大切です。目の鍛え方を知っておくと、少しでも老眼を防げるかもしれません。

老眼を早めに予防するには1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法を利用すると目を少しでも老眼から遠ざけられるかもしれません。特に近視や遠視が入っている場合は、老眼になりやすく、近視や遠視を小さい頃から治しておくと、老眼になりにくくなる可能性があります。

老眼になると視力が衰えるだけではなく、様々な症状が体に表れる場合もあります。老眼回復トレーニングを行うと、少しでも改善しやすくなります。近視や遠視を治すと老眼にはなりにくいのです。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ