遠視とは?遠視になる原因とは?遠視をチェックするには?

物が見えにくくなったり、近くにあるものすら見えなくなってしまった場合は、もしかしたら遠視の可能性が高いかも知れません。視力が落ちてしまうことによって、見えにくくはなりますが、目を細めたりすることで見えることがあります。

しかし、遠視や近視になってしまうと、見えにくくなるだけではなく、毛様体筋を多く利用してしまうため、さらに目が疲れてしまいます。また、近視と遠視を勘違いしている人も多く、近視は近くの物が見えなくなる症状と反対に、遠視は「遠くは良く見えるけれども近くは見えない」と勘違いしている人が非常に多くいるのです。

遠視になってしまうことにで、目が疲れてしまうだけではなく、視力が落ちていきやすい場合もあるため、遠視を治すことは大切なことです。ここでは遠視の原因や遠視のチェック、対策などをご紹介していきます。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

遠視とは

遠視とは、近視と遠視がありますが、遠視は「近くのものも見えなく遠い景色なども見えない」場合を言います。遠視は、目の中の毛様体筋と呼ばれる筋肉が、正常に動かなくなり、網膜上にピントを合わせられない状態を言います。

毛様体筋を調整すると目のピントが合うようになり、毛様体筋が強いと、目のピントを合わせられます。しかし、遠視の場合は毛様体筋が強すぎて、近くでものを見ても遠くで物を見ても同じ調整が働きます。通常の目の場合は、遠くを見る時は毛様体筋が働きますが、近くを見る時には毛様体筋が緩みます。

また、小さい頃や子供の頃には、遠視になる方も多くなりますが、大人になるにつれて治る場合もあります。遠視は、強い力が毛様体筋に掛かりますので、目を調整する時に眼精疲労の原因になる時もあります。

メガネやコンタクトをすることによって

    目を強制すると、目が弱視になりにくいですが、放置しておくと弱視になる可能性があります。

遠視になる原因とは

遠視になる原因とは、遠視になる原因も様々ありますが、昔からの影響で主に遠視になると考えられています。

遺伝による原因

遠視は、日本人なら生まれた時に遺伝で遠視になっている方もいらっしゃいます。大昔から人間は、遠視の人が多かったと言われていて、現在も遺伝が遠視の原因と考えられています。

子供の時が原因

遠視は、子供の頃に多いとされている病気ですが、まだ子供が成長してない可能性が高く、成長するにつれて遠視が改善される場合もあります。しかし、放置しておくと弱視になる可能性もありますので、早い段階で視力の検査で遠視が見られた場合は、精密検査などを行い、遠視かどうかを確かめるのが必要です。

小学校の際に、視力が低下する場合は、眼科健診などで遠視が発見されにくい場合もありますので、チェックをして、遠視にならないのが大切です。視力を強くすると、大人になった際も困らないでしょう。

遠視をチェックするには?

遠視をチェックするには、自宅で行う際には遠視のチェック方法を利用すると、簡単に遠視かどうかが分かる可能性があります。遠視の場合は、片目を閉じた際にものが一つに見えた際は、遠視や近視の可能性が高くなります。

目の前に一本のペットボトルなどを利用して、近くで見たり、遠くで見たりを行います。ペットボトルが見えているのか、ぼやけているのかを確認し、どちらもぼやけている場合は、遠視の可能性があります。

遠視になることによって

遠視になることによって、遠視をチェックする方法などは、ありますが、定期的にチェックする必要もあります。目の中のトレーニングや毛様体筋を鍛えると、目の調整をしっかりと行えるだけではなく、目を守れる可能性もあります。

ですが、コンタクトレンズやメガネを付けたくないと言うお子様もいます。無理やり眼鏡を付けるのではなく、視力回復トレーニングを行うと、お子様の目を良い状態に保ち続けることができる可能性は高くなります。

子供の時から目の力を育てることで、大人になっても視力が下がらない場合もあります。視力が悪くなることで、転倒してしまったり、子供にもストレスが溜る場合もあります。遠視にならないためにもトレーニングを行うのは大切です。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ