腰椎椎間板ヘルニアの治療とは?腰椎椎間板ヘルニアを完治するには

腰椎椎間板ヘルニアになると様々な症状が起きるだけではなく、痛みが長く続き、身体も疲れやすくなります。腰痛が起きるだけではなく、手や足も痺れますので、身体を動かせない場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みが続き、継続して痛い場合、放置すると、さらに痛みが強くなり、辛くなる可能性があります。放置しておくと歩けなくなる時もあります。腰椎椎間板ヘルニアの場合、布団に安静でいても体を捻るだけで激痛が走る時もあります。

腰椎椎間板ヘルニアで激痛が何度も走るようなら身体を安静にするのが大切です。椎間板ヘルニアの治療にも様々な治療がありますが。腰痛椎間板ヘルニアの場合の治療はどのような治療を行うのでしょうか。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

腰椎椎間板ヘルニアを治療するには?

腰椎椎間板ヘルニアを治療するには、動かすと悪化させないようにするも身体は動かさずに、動かないのが大切です。

身体を動かさず安静にする治療法

安静の意味を勘違いしている方はたくさんいますが、布団で寝ているだけで、本を読んだり、スマートフォンも弄ってはいけません。安静にする意味として、体を動かさないのが大切ですが、身体を動かさないでじっとしていなくてはなりません。

コルセットを付けて安静にするのも良いのですが、布団を掛けると、汗を掻く可能性が高く、あせもができる場合がありますので、コルセットを付ける場合には、通気性のいい服を選ぶのが必要です。

コルセットは腰部を圧迫しますので、痛みが酷くなる場合には、使わないほうが良いでしょう。無理をしてコルセットを使用し続けていると患部がさらに痛くなる可能性もあります。

炎症を抑える薬を飲む治療

炎症を抑える薬などもありますが、少しだけ、痛みを感じさせないようにするのはできます。しかし、根本的な部分が治っていませんので、騙し騙し使う必要があります。服薬を行う際には、注意する必要があります。

注射などを行う場合

炎症を発症しているところに局所麻酔剤や副腎皮質ステロイド剤などを注射で注入し、痛みの炎症を和らげます。副腎皮質ステロイドは、強力な治療法で、効果もありますが副作用が重い時もありますので、使い過ぎは良くありません。

神経根や椎間板の部分に注射をして炎症を取る事もあります。腰の場合は、下半身にも痛みがある時も出てきますので、痛みを鎮める際にも、下肢の神経にも注射を行わなくてはならない場合もあります。何故、下肢に注射をしても痛みが出なくなるのかは分かっていませんが、痛い部分では無い所へ注射をしても痛みが引く場合があるのです。

手術を行う場合

腰椎椎間板ヘルニアの手術を行う時は、レーザー治療や経皮的椎間板髄核摘出手術等を行います。レーザー治療は、レーザーファイバーと言われるものからレーザーを照射しますが、レーザーファイバーの部分は髄核に刺して行います。

髄核に刺すと、髄核の部分にレーザーを照射しますので、蒸発される治療法です。しかし、手術の場合は、一度に30万~40万ほど費用が掛かります。経皮的椎間板摘出手術を行う場合には、椎間板に針を刺し、針で髄核を吸い上げる手術です。

腰椎椎間板ヘルニアを完治させるには

腰椎椎間板ヘルニアを完治させるには、完治するのが難しい病で、病院に一生通い続けなくてはいけないだけではなく、コストも何度も掛かります。

再発をしないようにするには、腰痛を改善するストレッチや負担が掛かっても身体を丈夫にしておき、椎間板が割れる心配のない下半身を丈夫にすると、髄核が出にくくなる可能性があります。

腰椎椎間板ヘルニアは仕事に影響が出るだけではなく、日常に影響が出る場合もあるのではないでしょうか。腰椎椎間板ヘルニアを再発させないのが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアを再発させない

腰椎椎間板ヘルニアを再発させない、腰椎椎間板ヘルニアは治ったとしても負担をかけると、すぐに痛みが発生し、腰椎椎間板ヘルニアを発症する時もあるのです。再発しないとは言えませんが、整体やカイロプラクティックは何度もコストを掛けるしかありません。。

そこで、腰痛改善ストレッチ「福辻式」をお勧めします。腰痛改善ストレッチ「福辻式」を利用すると、腰痛改善ができる可能性があるだけではなく、何度も繰り返し利用できます。しかも家族の腰痛予防に利用が可能です

腰痛があると、様々な部位に影響が出ますが、腰椎椎間板ヘルニアは、治療するのが非常に大切です。再発させた場合にもすぐに利用するのもできます。腰痛改善ストレッチ「福辻式」を利用すると家族が腰痛知らずで、いられるかもしれません。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ