腰椎椎間板ヘルニアの原因とは?腰椎椎間板ヘルニアのメカニズム

腰の痛みは辛く、酷い症状では、歩くことも立つことも辛く感じる腰の痛みもあります。また、腰痛には、原因がないものも非常に多く、腰痛の原因があるものは、椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニア、病気などの腰痛です。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛がするだけではなく、様々が症状があり、放置すると、歩行困難や排便障害にもなる可能性があります。腰椎椎間板ヘルニアになると日常生活でたくさんの障害が出ます。

腰が痛くて歩けないくなったり、寝たきり状態になる際には、腰椎椎間板ヘルニアの可能性もあります。早期発見のする際は病院に行く必要があります。腰椎椎間板ヘルニアは、日常の様々なことが原因でなる場合があります。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

腰椎椎間板ヘルニアの原因とは

腰椎椎間板ヘルニアの原因とは、腰椎椎間板ヘルニアには、年齢や遺伝、日常の生活動作など様々な部分が原因で、腰椎椎間板ヘルニアになる可能性があります。

日常の生活動作などが原因

介護や荷物を運ぶような仕事をしている場合、急激に腰椎椎間板ヘルニアになる可能性があります。特に、介護や荷物を運ぶ場合には、中腰になる時が多く、中腰になると、腰には、普通に物を持つ時よりも倍以上力がかかります。

箱が床に置いてある場合に、箱をよけようと、隣に荷物を移動させた場合、中腰からさらに横に動くことになりますので、普段よりも負担が腰にかかります。

遺伝などが原因

遺伝で、骨が折れやすい方や椎間板が最初から脆い方もいます。遺伝が原因の場合は、少しの負担を掛けただけでも腰椎椎間板ヘルニアになる方もいらっしゃいます。

環境が原因

喫煙をする方は、椎間板が老化しやすくなります。喫煙をすると血管が圧迫され、老化現象が起きます。椎間板が変化し、腰椎椎間板ヘルニアになる可能性もあります。

年齢が原因

年齢を重ねるにつれて、線維輪は弱まりますので、腰椎椎間板ヘルニアが起きやすくなります。

腰椎椎間板ヘルニアは様々な原因で起こります。スポーツなどを行う場合は急激に発症する時もあります。

腰椎椎間板ヘルニアのメカニズムとは

腰椎椎間板ヘルニアのメカニズムとは、腰骨には、椎間板といわれる背中に入っているものと同じクッションの役割をするものが付けられています。腰骨は、椎間板によって、支えられていますが、椎間板が負担を掛けられたり、年齢と共に水分を失うと、脆くなります。

例えば、化粧をする肌もファンデーションなどを塗っているところに、圧力をかけるととヒビが入りますが、同じ現象が椎間板に起き、椎間板が痛みます。

椎間板にさらに、強い圧力が掛かると、腰椎椎間板ヘルニアを発症します。椎間板の中には、髄核を覆うように線維輪があります。線維輪の後ろには、神経が通っている神経管があります。

何かの原因で、椎間板にヒビや亀裂が入ると、髄核が線維輪の外に突出してしまい、神経管へ触れ、神経管から神経に伝わり、痛みが発生します。これが、腰椎椎間板ヘルニアが起きるメカニズムです。

腰椎椎間板ヘルニアは突然訪れる

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛だけの痛みだけではなく、歩行困難や手や足に麻痺を起こす場合もあります。歩行困難になると、歩くだけで転倒したり、介護を必要とする体になる場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因は様々あり、いつ起きるのかもわかりません。しかし、腰痛が長く続いている場合や激痛が腰に走った時は、痛みを我慢せずに、早めにかかり付けの医師に見てもらうのが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアには、様々な原因によって、起きますので、日常生活に気を付ける他にも、年齢を重ねてくるごとに症状が起きる場合があります。腰椎椎間板ヘルニアを起こさないように原因になることを避けましょう。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ