緑内障手術とは?緑内障手術の成功率・緑内障手術に失敗する確率

緑内障の手術とは、眼圧を下げる際の手術です。緑内障の手術は、直接、緑内障を治したり、無くしたりする手術はありません。眼圧を下げ、緑内障の病状をくい止める可能性がある手術方法です。

緑内障手術を行うと、眼圧を下げられる可能性はありますが、手術をしても意味のない場合もあります。緑内障は、眼圧が高くなると視野が狭くなり失明しやすくなりますが、病院の治療では、手術や点眼薬を利用し、眼圧を下げます。

手術は、日帰りで行えますので、治療に何度も通わなくても良いかもしれません。しかし、緑内障手術は、失敗する危険性もあるのです。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

緑内障手術とは

緑内障手術とは、緑内障手術にも方法がありますが、眼圧が起こる原因になる、線維柱帯を切開して房水を出す方法や目の外から穴を開ける方法もあります。

トラベクレクトミーとは

トラベクレクトミーとは、目の外から穴を開け、房水を継続して外に出し眼圧を下げる手術です。

トラベクロトミーとは

トラベクロトミーとは、線維柱帯を切開し、房水の出を良くする手術方法で眼圧が高い時に医師に勧められる場合もあります。手術をする時は入院する可能性もありますので、考えて手術を受ける必要があります。

レーザーの手術とは

レーザー手術は、目の中の房水が出て行く際の線維柱帯が詰まり眼圧を起こしますが、線維柱帯をレーザーを利用して、掃除し房水を流しやすくし、眼圧を下げる方法です。

緑内障手術の成功率・緑内障手術に失敗する確率とは

緑内障手術の成功率や緑内障手術に失敗する確率が気になる方がいるのではないでしょうか。緑内障手術は目の手術になりますので、失敗した最悪の場合は、失明します。

緑内障手術の成功率とは

緑内障手術の成功率では、トラベクレクトミーは、約60%の成功率でトラベクロトミーは約40%の成功率です。非常に成功率が低く、眼圧が下がり過ぎる可能性あるだけではなく、出血が起きる場合もあります。

さらに、手術中に脈角膜といわれる部分から出血し、脈角膜が起きる頻度は0.15%になりますので、非常に少ないですが、脈角膜が発生すると手術を続行できなくなり、視力の低下が見られる可能性があります。

また、手術をして長期間経った時に結膜の薄い部分から、細菌が侵入し、失明する可能性が高くなります。しかも、発症率は1.3%といわれていて、急に失明する可能性があります。

手術をせずに緑内障を治すには?おすすめの緑内障改善方法とは

緑内障手術に失敗する確率とは

緑内障手術で失敗する確率は非常に高く、約40%と言われています。失敗する確率が高く、前見えていた景色が、見えにくくなる可能性もあります。実際に私の友人のお婆さんの話ですが、手術をした後に目が見えにくくなったという話がありました。

友人のお婆さんは、毎日点眼をしたにもかかわらず結局は、眼圧を下げられず、手術を決意しても、失敗したのです。緑内障の手術はかなりリスクが高いというのが分かります。実際に、約40%しかない成功率で手術を行わなくてはならないのです。

しかも、実際に緑内障の手術をする方の中には、眼圧が元に戻ったと言う方もいらっしゃいます。緑内障手術は、それほど成功率が低く、手術をして、必ずしも病気の進行を遅くするとは限らないのです。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

このページの先頭へ