薬を使わず緑内障を改善できる?点眼薬に頼らず緑内障を治すには

緑内障は、自覚症状や初期症状が非常に少ない病で、現在では、若い20代~30代でも掛かる時が多く、やがては失明に至ります。また、早期発見できないまま、視野が狭いと感じるとすぐに症状は進行し、視野が閉ざされるようにして失明します。

点眼薬は病気の進行を少しでも食い止められますが、病気そのものを治す力はありません。手術でも治せない可能性が高く、高額な医療費を払いながら、緑内障治療する際に、一生病院に通う必要があります。

しかも、現代では、テレビやパソコンなどが多く普及するので、目を酷使する場合も多くなっています。緑内障は目を酷使するのも原因になります。緑内障は現代人は気をつけなくてはいけない病です。では、薬を使わずに緑内障を改善する方法はあるのでしょうか。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

薬を使わずに緑内障を改善するには?

薬を使わずに緑内障を改善するには、目を酷使する場合、目の周りの筋肉は固まり、血流が悪くなります。緑内障の原因は、血流の障害が起きると、視神経が弱まり、房水を排出できず、眼圧が上昇する可能性が高くなります。

緑内障にならないようにするには眼圧が上昇する、原因を解決していくしかないかもしれません。

血流の改善を行う

目の周りの筋肉が硬くなると、目の眼圧が上がりますが、血流を改善するにはホットタオルやマッサージを行うのが大切です。ホットタオルは何時間も利用するわけではありませんので、時間もとりません。

マッサージを行うと、固まっている筋肉を解せますので、目の周りの血液の流れが良くなり、房水もきちんと排出される可能性があります。

食べ物を変える

食べ物によって血液をサラサラにしたり、ドロドロにするものもありますが、緑内障になる人は、肉ばかりの生活やファーストフード、コンビニ弁当やカップラーメンのみの食生活をする方が多くいます。

血液をサラサラにするには、白米ではなく玄米を食べ、食事も野菜を多く摂れる食事に変えてみましょう。食べ物は血液に大きな影響を与えますので、緑内障も改善できる場合があります。

運動を行う

運動を行うのも目の血流を良くしてくれる場合があり、新陳代謝が高められますので、目の周りの筋肉を解せる場合があります。血流の障害を改善すると、眼圧を下げられる可能性は高くなります。

様々な方法がありますが、実は、薬にも点眼薬にも頼らない方法があり、血流の改善だけではなく、ご自宅で行う緑内障改善の方法があります。

点眼薬に頼らずに緑内障を治すには

点眼薬に頼らずに緑内障を治すには、ほとんどの場合、眼科に行って緑内障と判断された場合、点眼薬が処方され、病気の進行を食い止める際に利用します。点眼薬は直接的な治療法ではありませんので、点眼薬は一生使い続けなくてはいけない可能性が高くなります。

そこで、様々な緑内障を改善する方法はありますが、成功率が90%の方法があり、実際に利用する方の中でも、緑内障を改善できた人が非常に多くいらっしゃる方法です。

改善率90%以上の緑内障改善エクササイズは、利用する方も多く、点眼薬も薬も利用しません。東洋医学の方法で、10年以上の研究の末に考案された方法で、テレビなども多く紹介されています。人間の自然に治す力に頼った方法で自宅で行うのが簡単にできます。

緑内障は、点眼薬を利用すると、コントロールできるという医師もいますが、点眼薬は、病気をくい止める際に利用するものになりますので、病気は進行しやすくなります。

手術等の方法もありますが、実際に手術をしても、再発する方は非常に多く、眼圧が元に戻る場合もあります。しかし、改善率90%以上の緑内障改善エクササイズの場合は、目だけではなく、体の内側から変えて行けるだけではなく、緑内障でやってはいけないことも分かります。しかも、視力を上げられる可能性もあるのです。

正しいことを一つずつ試して行くと、緑内障を改善できる可能性は高いのです。緑内障を改善したい場合には、改善率90%以上の緑内障改善エクササイズを試すのも良いでしょう。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

このページの先頭へ