緑内障を治すには?緑内障治療・緑内障の効果的な治し方とは

緑内障は、初期に起きる症状や緑内障が起きても気が付かない時もあり「知らない間に目が見なくなってしまった」というのも非常に多い病です。しかも、治療法にも様々な方法がありますが、末期になると視力を取り戻せない可能性があります。

緑内障は、3段階で進みますが、目のほとんどが覆われた状態になると、既に病気が進行していて、失明に近い時です。視野がほどんと覆われている場合は、緑内障を治せないといわれています。

緑内障を進行しないようにするにも、まずは、定期検診に行く事をお勧めします。中高年に多い病気といわれていましたが、30歳ですでに発症する可能性もありますので、年齢が高くなくても定期検診には行くようにしましょう。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

緑内障を治すには?

緑内障を治すには、仕事でパソコンを利用する場合には、目を酷使しますが、緑内障は目や顔に力が入っている時が多くなりますので、血液の循環が悪くなっている場合もあります。血液の循環が悪いと目が疲れやすくなりますので、目の疲れを取り除くのが大切です。

目を温める

血流を良くするには目を温めるのは大切です。時間がある時にパソコンから目を離し、目を温めるのが必要です。目を手やホットタオルなどで温めると、目全体の血流が良くなりますので、緑内障の場合は目の周りを温めて、血流を良くするのも重要です。

しかし、すでに緑内障になった場合は、筋肉の歪みを治すのが重要です。筋肉が歪んでいると、目に水が溜まりやすくなりますので、まずは、目の筋肉をほぐすのも必要になります。

顔の筋肉を動かして行くと、目全体の血流を良くし、不純物を流せる可能性があり、流すと眼圧を下げられる場合があります。

緑内障治療・緑内障の治し方とは

緑内障治療や緑内障の治し方とは、緑内障の治療方法は主に点眼薬を利用して行われ、眼圧を下げ、視野がさらに狭くなるのを防げる可能性があります。

点眼薬の治療法

目の中には、房水といわれる水が溜まりますが通常は、隅角などを通って流れます。しかし、緑内障の場合は隅角が歪んでいますので、目に房水が溜まります。

まずは、房水を溜めない方法として、ミケラン点眼薬などを利用します。ミケラン点眼薬は、房水が作られるのを抑える働きをします。房水を外へ押し流す点眼薬は、キサラタン点眼薬やレスキュラ点眼薬です。

キサラタン点眼薬やレスキュラ点眼薬は、2~3種類同時に利用する時もあります。点眼薬は必ず医師の指導の元、利用するのが大切です。市販の目薬は、医師に聞いてから利用する必要があります。必ず、点眼薬は病院で処方されたものを使用しましょう。

レーザー療法

点眼薬を利用しても病気が進行する場合は、レーザ療法を行います。レーザー療法は房水が排出できるように、手術で線維柱帯の一部を取り除き行います。

線維柱帯切除術

線維柱帯切除術は、一部分を切開し、房水の逃げ道を作ってあげます。

緑内障は一生付き合わなくてはならない病気?

緑内障は、掛かった後、進行すると目が見えにくくなりますが、緑内障はずっと付き合っていかなくてはならない病気といわれています。目薬は体に合わない人もいますので、副作用が表れる可能性もあります。

しかも、発症したら何年も治療を行わなくてはならないのです。そこで改善率90%以上の緑内障改善エクササイズをお勧めします。実際に、この緑内障改善エクササイズを行って緑内障を克服している方はたくさんいるのです。

緑内障は手術を行わなくてはならない場合もありますが、目には、切開をする際のメスなどが見えていますので、非常に恐ろしい手術です。しかし、緑内障改善エクササイズの場合は、簡単に誰でも行えるだけではなく、房水のコントロールや眼圧のコントロールができるようになる可能性があります。

緑内障を一つ一つ知り、緑内障でやってはいけないのも分かりやすくなりますので、手術を行わなくても緑内障を改善できる可能性があります。改善率90%以上の緑内障改善エクササイズを利用すると緑内障を改善できるかもしれません。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

このページの先頭へ