緑内障手術のリスクとは?緑内障手術後の恐ろしい合併症とは?

緑内障手術は、医師が躊躇したり、先延ばしにする時もあります。緑内障手術を行ったからといって、治る可能性はないからです。緑内障手術は様々なリスクがあり、簡単に行えない手術です。

緑内障に罹っても医師から手術を勧めるのではなく、任意手術である場合が非常に多くあります。しかし、実際に眼圧が下がっている方はいます。

確かに、緑内障手術をすれば、眼圧を下げられる場合もありますが、逆に眼圧が上がる時も見受けられます。では、緑内障手術のリスクや恐ろしい合併症はどんなものがあるのでしょうか。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

緑内障手術のリスクとは

緑内障手術のリスクとは、非常に高く、眼圧が下がらないどころか眼圧が上がり、視力が下がる場合もあります。緑内障の手術は、眼圧が下がるかもしれない等のリスクを背負いながら、行わなければいけません。

緑内障手術とは?緑内障手術の成功率・緑内障手術に失敗する確率

緑内障手術中に起きるリスク

緑内障手術は目の中を手術しますが、急に出血が発生する時があります。脈絡膜からの出血で駆出性出血(くしゅつせいしゅっけつ)と言われていて、何の前ぶれもなく、大量の出血が目に溢れます。駆出性出血は予防策が無く、体に力が入り起きる場合があります。

緑内障手術中に「体が痛くなった」「くしゃみが出そう」「息苦しい」「トイレに行きたい」などを我慢していると、体に力が入り、目に大量の出血が溢れ、失明の危険性があります。急に駆出性出血が起きた場合には手術は中止となります。しかし、手術が失敗しても次回行った時に、再び視力が回復するの可能性は、ほぼありません。

眼圧が上がるリスクもあります。緑内障の手術をしても眼圧は下がらず、上がり続けている方も何人か見受けられていますので、緑内障の手術を受ける場合は、大きなリスクがあるのを考慮して受けましょう。

緑内障手術後の恐ろしい合併症とは

緑内障手術後の恐ろしい合併症とは、視野障害を起こす場合があります。実は、手術で眼圧が下がっても、視神経がすでに障害されている場合は、手術前に視神経の障害が手術の時に表れやすくなります。

出血が起きる

緑内障手術の後は、出血が少量起きる場合があります。しかし、白目の出血の場合は1週間くらいで吸収されます。出血は通常、自然と目の中で吸収されますが、出血の量が通常よりも多い場合は、洗浄をする場合もあります。

眼内炎が起きる

眼内炎とは、手術中や手術後に空気中の細菌が入り込み、眼球の中に炎症が起きる時があります。発症する可能性が低いですが、起きると失明する場合もあります。また、視力が低下したり、充血が続くなど痛みも何度も続く場合がありますので、早めに病院に行くのが大切です。

麻酔薬でアレルギー反応

緑内障手術の場合、目の中に麻酔を点眼しますが、強いアレルギー反応が出る場合もあります。麻酔薬でアレルギー反応が出た場合は、手術を中止する必要があります。目を手術している時、痛みや体がおかしいと感じた場合は、早めに医師に伝えてください。

眼圧が下がり過ぎる場合

手術を行った後、眼圧が下がり過ぎる場合があります。特に、目の張りが失われ、見えにくくなる時もあります。眼圧が下がる際は圧迫眼帯をして、房水が流れすぎないようにします。

眼圧が下がっている時に入院中の場合は、医師がマッサージをしたり、目を塗った糸を切ったりして、眼圧の調整を行います。手術終了後は、手を頻繁に石鹸で洗うだけではなく、瞼を擦るのも良くありません。

緑内障手術は完治するわけではない

緑内障手術をしても、完治する訳ではなく、眼圧が高くなる場合もありますが、普段と変わらない生活をしているにも掛からわず、再度、眼圧が上がる時もあります。

緑内障は、再発症する可能性が非常に高く、緑内障手術は気休め程度の手術となります。医師が手術を勧めないのは緑内障手術のリスクが高いことが挙げられます。

眼圧を点眼薬でコントロールできていたり、医師の行った方法やご自身が行ったもので、眼圧が下がった場合は、緑内障手術はあまり行わない方が良いでしょう。

緑内障が急性の病気だった場合は、早めの手術が必要ですが、緑内障手術は行わず、眼圧を下げるのが大切です。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

このページの先頭へ