緑内障の症状とは?緑内障の症状の種類・症状をチェックするには

緑内障になると、目が見えなくなるだけではなく、日常生活も難しくなります。目は非常に大切で、一度失った視力は取り戻せない時が非常に多くなります。

視力を取り戻す場合は、どのようなことが必要なのでしょうか。緑内障は気が付きにくく、日本では、200万人以上も緑内障に悩まされている方がいます。緑内障は気が付きにくく、末期になってから、病院を訪れる方が非常に多いのです。

緑内障の症状を知っておくと、緑内障の早期発見ができ、最悪の事態を避けられる可能性もあります。まずは、緑内障を良く知り、症状を把握していくのが大切です。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

緑内障の症状とは

緑内障の症状とは、様々ありますが、体の中では目を放置しやすい人は多くいます。目に不思議な症状が表れた場合は早めに検査を受けるのは大切です。

目が疲れる

緑内障は眼圧が高くなり、目に水が溜まりやすくなります。すると目の中が痛くなり、パソコンなどの仕事をする場合は、目が必要以上に疲れたり、目の焦点を合わせるのが難しくなります。

また、文字が擦れて見えるようになりますが、裸眼でもコンタクトや眼鏡を掛けても同じ症状が起きます。

自覚症状が少ない

緑内障は、糖尿病網膜症よりも発症例が多く、自覚症状が少ない時もあります。日常を過ごしているうちに、目で景色や物を見るのが難しくなり、やがては、目の半分がぼやけます。景色が欠け、全体が見えなくなるのです。

視野が欠ける

視野が欠ける場合は、視力が下がるだけではなく、見える範囲が限られます。視野が狭くなり、見えている部分も少しずつ症状が進行していきますので、視野が遮られます。

緑内障の症状は、罹る緑内障の種類により違いはありますが、目がぼやけたり、視野が欠ける症状が表れた場合には、早めに眼科で検査を受けましょう。

自覚症状が少なくなりますので、中高年になる時には、目の病気に罹りやすいと考え、病気を早期発見できるようにする必要があります。しかし、若い人にも緑内障は見られていますので、目を良く使う仕事をしている方が目に緑内障の症状が出た場合は、中高年ではなくても緑内障の可能性があります。

緑内障の症状の種類とは

緑内障の症状の種類とは、緑内障は病名も多くありますので、罹る緑内障によって、症状も変わります。

開放隅角緑内障の症状とは

開放隅角緑内障の症状とは、蛍光灯や光るものを見た際に、周りに虹が掛かったように見え、眼精疲労だけではなく、目が霞みます。

閉塞隅角緑内障の症状

閉塞隅角緑内障の症状とは、目が圧迫されますので、目に痛みがあり、目のかすみや頭に激痛が走ります。緑内障で目が圧迫されると、吐き気や嘔吐があります。中高年の女性に良く見られる症状です。目のかすみや眼精疲労が多くなりますので、目が痛くなったり、吐き気がする場合には、眼科で検査をするのも大切です。

緑内障の症状をチェックするには

緑内障の症状をチェックするには、緑内障になると、様々な症状が表れます。目にふとした違和感を感じた場合は、緑内障の可能性があります。

緑内障チェック

    1.眼精疲労が多い、または多くなった
    2.健康診断の際に眼圧が高いといわれた
    3.視野が狭く、黒い点のようなものが見える
    4.鼻の下のほうが見えていない
    5.目を使っていないのに疲れている
    6.視力が下がり、老眼だと感じている
    7.最近頭痛がするようになった
    8.家族や親戚で緑内障に掛かった人がいる
    9.周囲から目つきがおかしいといわれた時がある
    10.嘔吐や吐き気が頻繁に起きる

緑内障チェックで様々な症状が見られている場合は、緑内障になる可能性も高くなりますので早めの対策が必要です。また、視野が狭い場合や黒い点が見える時は、緑内障ではなくても網膜剥離といわれている、失明になりやすい病気に罹っている可能性があります。

緑内障の症状が表れた場合は、早期発見をする必要がありますので、眼科の定期検査などは行いましょう。

緑内障の症状が表れる時には

緑内障の症状が表れる時には、緑内障は中高年に多いといわれていますが、現在では、テレビやパソコンの普及もあり、目を使う時が多くなりましたので、若者でも緑内障になる可能性があります。緑内障にならないようにするには、予防や対策を行うのが大切です。

急激に視力が下がり、視野が狭くなる場合もありますので、目を酷使する時間を減らしたり、症状が出た時には、早めに検査に行く必要があります。

緑内障は失明する可能性が非常に高い病気となりますので、少しでも緑内障の症状が目に表れている場合は、対処を行うのが大切です。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

このページの先頭へ