緑内障手術の費用はいくら?レーザー治療の手術費用はいくら?

緑内障は、発症すると失明の可能性もありますので、気を付ける必要があります。中には、緑内障手術を行い、眼圧を下げる方もいらっしゃいます。しかし、眼圧が下がる方もいますが、再度、緑内障を発症してしまう可能性もあります。

緑内障は、放置しておくと、時間が経つにつれて、視野が狭くなり見えなくなります。まずは、緑内障手術の方法や治療方法を把握し、緑内障の手術について良く考えながら、行っていくのが大切です。

では、緑内障手術の費用とレーザー治療の手術費用はどれくらいなのでしょうか。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

緑内障手術の費用はいくら?

緑内障手術の費用は、約6万円~8万円程度になります。入院をする場合もあり、2週間は入院しなければなりません。しかし、現在では、日帰りで行える手術もあります。

緑内障手術に「費用をあまり掛けたくない」と考えている場合は、入院を必要としない手術を行うと、費用をあまり掛けずに行えます。また、2週間ほどの入院をした場合は、約20万円位になる可能性があり、日帰りで行う手術は、しばらくは通院しなければなりませんので、時間と費用も掛かります。

緑内障手術をしなければならない時

緑内障手術をしなければならない時は、実はありません。眼圧が20㎜Hgを超えていても、視野欠損が発生しない方もいますが、正常な眼圧でも緑内障になる方もいます。緑内障手術はご自身で「今行わなくてはならない」「眼圧が高いから眼圧を下げる」という理由で緑内障手術を行えるのです。

緑内障の手術をする前に、点眼の治療方法もありますので、点眼から先に始めて、眼圧が下がらなかった場合に、緑内障手術を行うのが大切です。

手術の費用は治療ごとに変わる

手術の費用は、治療ごとによって変化します。トラベクロトミーやトラベクレクトミーは費用が約6万円前後ですが、もう少し安い治療も受けられます。

緑内障手術とは?緑内障手術の成功率・緑内障手術に失敗する確率

レーザー治療の手術費用はどれくらい?

レーザー治療の手術費用は、割と安く、費用は約3万円前後です。値段も安いので行っている方も多くいらっしゃいます。

レーザー治療のとは

緑内障手術をレーザー治療で行った場合は、SLTといわれています。SLTは選択的レーザー線維柱帯形成術といわれる治療方法で、レーザーで目の中の房水が排出される、線維柱帯(せんいちゅうたい)といわれる部分を処置して、掃除します。

緑内障の眼圧が上がる意味は、線維柱帯が歪んでいたり、詰まっていたり、すると房水が流れて行かず、詰まると眼圧が上がり起きますので、レーザー治療で掃除をして、綺麗にし、房水の流れを良くします。

しかし、緑内障手術のレーザー治療を行ってから、片目が失明したり、眼圧が再度上がる時もありますので、手術は副作用なども良く考えてから、行う必要があります。

眼圧が高くなった場合は

眼圧が高くなると、緑内障の進行が進み、時間が流れるにつれて失明します。眼圧を低くする場合は、薬や治療が大切です。手術を行う際には、副作用があり、実際に失明している方もいます。非常にリスクは高いですが、行うと眼圧が下がる可能性もあり、失敗した代償は大きいのです。

眼圧が高いと感じる場合は、緑内障の治療法をうまく活用して、治していくと良いでしょう。
緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

このページの先頭へ