視力は遺伝する?子供の目の悪さや近視は親が原因?

親子共に視力が悪い、あるいは近視の症状があるとなると、もしかしたら親からの遺伝なのではと思ってしまいますよね。

親子で容姿が似るように、親の目が悪いと子供も遺伝によって目が悪くなってしまうというイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

そこで、視力は本当に遺伝するのか、また子供の目の悪さや近視は親が原因なのかについてまとめました。

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

視力は遺伝する?

視力は遺伝する可能性もあります。ただ、視力と遺伝の関係ははっきりと解明されているわけではありません。

しかし、親子は目の組織などが遺伝している場合も多く、親が近視であると子供も近視になる確率が高いと言えます。

特に子供が小さい頃から重度の近視になっている際には、親も近視である場合が多いのです。

確率としては、両親が二人とも近視の場合は、両親が近視でない場合に比べておおよそ8倍程度、親のうちどちらか一人が近視の場合はおおよそ2倍程度の確率で子供も近視になると言われています。

ただ、両親が近視であっても、子供に近視の症状が見られない場合もありますし、親の視力が良い場合でも子供が近視になるケースもあります。

上記で記載した通り、視力が遺伝するかどうかは明確には解明されていませんが、近視などは遺伝する場合があるということですね。

子供の目の悪さや近視は親が原因?

子供の目の悪さや近視は親が原因とは限りません。上記で記載した通り、親が近視の場合は子供も近視になる可能性はありますが、視力と遺伝の関係ははっきりと分かっているわけではありません。

そのため、子供の視力や近視は、親からの遺伝である可能性もありますが、そうではない場合もあるのです。

また、目が悪くなる原因としては、遺伝の他に日頃の生活習慣など環境的な要因も大きいと言えます。

つまり、親子共に目が悪い、あるいは近視だったとしても、遺伝によって視力が悪くなっているわけではなく、環境的な要因によって目が悪くなっている可能性もあるということです。

上記で記載した通り、症状の重い近視は遺伝による影響が大きいと考えられていますが、症状の軽い近視はテレビの見すぎや暗い場所で本を読むなど生活習慣が原因になっているケースが多いと言われています。

子供の視力が低下する原因とは?子供の視力が落ちる原因とは

遺伝による目の悪さも生活環境の見直しで改善は可能?

視力や目の悪さ、近視などは、体質として親から子供に遺伝する可能はあります。

ただ、仮に近視になりやすい体質が遺伝したとしても、生活習慣や環境次第である程度悪化を防止することは出来ると言えます。

また、より効率よく視力を改善したいという場合は、効果的な教材を活用するという方法もおすすめです。

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法は、数ある視力回復教材の中でも特に効果が高いと人気となっていますので、視力を回復したいという方には非常におすすめです。

上記で記載した通り、視力は遺伝が影響している可能性もありますが、仮に目の悪さや近視の体質が遺伝したとしても、その後どのように改善していくかが重要にになるのです。

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

このページの先頭へ