左腰痛とは?左腰痛の症状とは?左腰痛かどうかをチェックするには

左腰痛とは、歩いている時などに左側にばかり、重心が掛かり、左の腰が痛くなることを言います。様々な症状が出る場合があり、筋肉やバランスなどが原因ではない場合は、すい臓などに問題がありますので、左の腰痛は無視してはいけないものなのです。

腰痛を放置して、病気も放置しておいた場合には、大きな負担が体に掛かっている場合もあります。しかし、左腰痛になると身体が痛くなり、症状が酷い場合には、整体やカイロプラクティックを利用する時もありますが、病院に通っても体を治せない場合もたくさんあります。

腰痛は原因不明なのものも多くあり、病院に行ったとしても、痛み止めの薬だけを処方される時も出てきます。左腰痛は人によって痛みの度合いが違い、少し痛い時もあれば、全体に響くような重い痛みもあります。左腰痛を起こすと、身体を痛めやすくなり、仕事や日常生活に障害をきたします。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

左腰痛とは?

左腰痛とは、多くの場合はすい臓に問題があり、左側の腰に痛みが発生します。または筋肉や体のバランスによって起きる左側の腰の痛みです。左腰痛の症状には、病気によって痛む場合と、バランスや筋肉が問題で痛みますので、まずは、ご自身の痛みを把握しましょう。

中には、痛みがあるにも関わらず、原因が見つかりにくく、原因不明になる場合もあります。

バランスや筋肉による痛み

スポーツや仕事を行っている時に、筋肉に負担が掛かり起きて安くなりますので、人によって痛みの度合いは違います。また、座っている最中に左側に傾いている人も、左に重心が偏ってしまいます。

スポーツを行う場合も体を激しく動かす際に、左腰に傾いている場合は、左腰が痛くなります。重い荷物を担いだり、バックを左側だけにかけていると寝ている時に痛みはありませんが、動いている時は負担が掛かっている部分に、さらに、負担を掛けますので痛みが増幅します。

特に右肩上部に負担をかけると、左腰痛の痛みを発症します。痛みの感覚は、ずっしりと重い痛みです。

左腰痛の症状とは

左腰痛の症状とは、様々ありますが、痛みがそれほど感じられなくても、急激に痛む方も中にはいらっしゃいます。左腰が痛いと感じた時には無理はしないほうが良いでしょう。

病気による腰痛の場合

すい臓がんや慢性すい炎の場合に、左腰が激しく痛みます。特に慢性膵炎の場合は、すい臓が炎症を起こしていますので、安静にしてる最中も痛く、左の腰よりも、背中側に痛みが走る時があります。甘いものやアルコールなどを多く摂取していると起きる可能性が高いです。

女性の場合の左腰痛は、子宮内膜症といった、子宮内で起きる症状や病気により、左腰が痛む時があります。子宮内膜症などの子宮に関する病気に罹っている時は、何をしても左腰が痛くなります。左腰痛には様々ありますが、バランスや筋肉による痛みの場合は、緩和できる可能性があります。

神経による腰痛の場合

自律神経失調症やストレスが溜まっている際は、神経によって左腰痛を起こす場合があります。ストレスやイライラで起きる左腰痛の場合は、「左の腰が痛い」と脳が感じ、神経に伝えますので痛みが発生します。

自律神経失調症で起きる左腰痛の場合は、原因不明になる可能性が高くなります。痛みが無くても本人が痛いと感じますので、個人差はありますが、痛みがそれほどない方と立っていられないほどの痛みを感じる方もいらっしゃいます。

左腰痛かどうかをチェックするには

左腰痛かどうかをチェックするには、チェックする場合には、立って行うようにしましょう。

体をとにかく捻ってみる

立ったままの状態で体を左、右と交互に捻ってください。左の腰に痛みがある場合は、筋肉に負担が掛かっていますので、痛みが発生する可能性があります。

体を前のめりに倒す

左腰が痛む場合には、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)になっている可能性が出てきます。

体を動かしていなくても痛む

はっきりとしない「なんとなく痛い」場合は、神経によるものの可能性があり「痛みが分かる」際には、すい臓など、内臓で病気を発症している場合があります。。

左腰痛は病気の場合があり、早期発見することによって、症状を改善することができるかもしれません。病院に行っても原因が何一つわからない場合があります。その場合には辛い痛みを抱えていく場合があります。

腰痛の改善となると、痛み止めを飲んだり、整体やカイロプラクティックに通わなくてはなりませんが、左腰を痛めないようにするには、左に傾かずに歩くのが必要です。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ