アトピー性皮膚炎とは?アトピーの原因・アトピーになる理由とは

体が痒くなったり、血が出るほど掻き毟りたくなるアトピー性皮膚炎と呼ばれる、皮膚の病気があります。体が痒くて無意識に体を掻く時もあり、起きたら手や足が血だらけになっている時もあります。

アトピー性皮膚炎は、非常に辛く、皮膚に湿疹が出ていますので、肌を見せるのがコンプレックスになっている方もいらっしゃいます。何度も病院へ通わなくてはなりますので、非常に治りにくい病気です。

掻いた後の傷が痛くなりますので、洋服や体に身に付けるものには、気を配る必要があります。アトピー性皮膚炎が酷い方の中では、顔だけではなく、全身に湿疹が出ている方もいます。
医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、肌が弱い方に見られやすく、痒みや湿疹が主に繰り返される皮膚の病気です。良くなる時もありますが、何かのアレルギー反応を起こすと繰り返し発症して、慢性化します。

アトピー性皮膚炎は、アレルギーや皮膚の保護機能がそれほど備わっていない方に多く見られます。何度も痒みと湿疹を繰り返し、乳幼児の頃から、既に表れている可能性もあります。

主に湿疹は、口や目、顔中や首、耳周辺や手や足の関節の内側にでき、掻きむしると液のようなものが垂れ、患部が腫れあがります。

アトピーの原因・アトピーになる理由とは

アトピーの原因やアトピーになる理由とは、通常肌は、外部から菌の侵入や皮膚が乾燥しないように、保護機能が備わっていて、乾燥を防ぎますが、アトピーの場合は、皮膚の保護機能が低下し、発症します。

外部から内側に侵入してきたものは倒しますが、アトピー性皮膚炎の場合は、免疫が過剰に反応し、倒す必要のない物まで攻撃します。免疫が敵だと勘違いして攻撃し、炎症が起きます。

遺伝が原因

家族にアトピー性皮膚炎を患った方がいる場合、または、花粉症などのアレルギーを持っている場合は、アレルギーを起こしやすい体質に元からなっている可能性があります。遺伝が原因の方は、アトピー素因と呼ばれています。

化粧品や石鹸が原因

化粧品や石鹸など強い成分が含まれている物を利用すると皮膚のバリア機能が落ちる可能性もあります。かぶれや湿疹がおき、肌も乾燥します。

生活環境が悪いことが原因

掃除などをこまめにしてない場合は、ダニやほこりがたくさん出てきます。ダニやほこりが皮膚に刺激を与えるとかゆみや炎症を起こす可能性もあります。ダニは、目に見えませんので、部屋を汚しているのは良くありません。

また、カビが生えている場合は、ピティロスポルムといわれている菌があり、カビが皮膚に生え、顔や首だけではなく、痒みを発症させます。自宅の物がアトピーを発症しやすい可能性も非常に高いのです。

食べ物が原因

小さい頃に卵食べたり、牛乳を飲んでいると、アレルギー反応を起こす可能性があります。アレルギー反応が起きるのは小さい頃は、消化機能が大人よりも未熟で、アレルゲンを起こしやすい食物を食べると、皮膚炎を起こす体になる可能性があります。

ストレスや悩みが原因

ストレスやその場の環境でアトピー性皮膚炎になる可能性もあります。なるべく疲れを溜めすぎたり、緊張や不安を抱えない方が良いでしょう。

アトピー性皮膚炎にならない

アトピー性皮膚炎にならない、アトピー性皮膚炎はシーツや服が血で染まるほど、掻き毟りますので、辛いですが、アトピー性皮膚炎の原因を取り除いていくと、治る可能性もあります。

そこで医学博士も推薦するアトピー改善法をお勧めします。アトピー性皮膚炎になった際に、ほとんどの皮膚科では、ステロイド剤といわれる塗り薬を処方されますが、ステロイド剤はは強く、さらに炎症が広がる可能性が高くなります。

医学博士も推薦するアトピー改善法は、薬も利用せず、生活やアトピーで行ってはいけないこと、食べてはいけない物などもわかりますので、徐々に生活状況を治し、アトピーを治せる可能性が高くなります。医学博士も推薦するアトピー改善法を利用するとアトピーを改善できる場合もあるでしょう。
医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!

このページの先頭へ