アトピー症状のチェック方法とは?アトピー性皮膚炎のチェック方法

アトピーになると乾燥だけではなく、体全体に湿疹が出たり、体全身が痒くなる時もあります。掻き毟ると、体液が出たりと、服も汚れやすくなります。

また、肌荒れだけだと分かりにくいですが、忙しい場合は、放置する可能性も非常に高くなります。アトピー症状をしっかりと把握して、アトピーになってもすぐに対応できるようにしましょう。

アトピーは、子どもから大人まで、発症する時が多く、様々な原因でアトピーになります。アトピー性皮膚炎になる可能性が誰にでもあるのです。
医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!

アトピー症状のチェック方法とは?

アトピー症状のチェック方法とは、アトピーはさまざまな症状が表れ、症状に当てはまっている場合には、アトピーの可能性が高くなります。

かゆみが治まらない

アトピー性皮膚炎には、強烈な痒みがあります。特に初期段階の頃は、痒みがそれほどなありませんが、時間が経つと強くなり、夜中や寝る前に異常に痒くなります。

乾燥による痒みも多く、乾燥すると、痒みが増します。最初は、痒いと感じるものの、後から強烈な痒みに変わっていき、腕から血が垂れても掻き毟ります。

シーツや布団が血だらけになる時が多く、掻いている際には、無意識のうちに掻いているほうが多くなります。

汗も原因となりますが、夏や暑さが厳しい時には、体の中が暑くなり、我慢できないほど痒くなります。同じく無意識のうちに体を掻きます。

体液が多くなる

アトピーは、掻き毟ると、出血だけではなく、体液なども現れます。乾燥した皮膚を掻くと、体液が出始め、血と体液が混ざった状態になります。体液で下着が汚れる時も多く、下着が汚れた場合は、早めに変える必要があります。

最初は、乾燥から始まりますが、乾燥から痒みに変わっていき、皮膚が赤くなり、さらに痒さを増します。そこから、痒みが強くなります。

湿疹ができ始める

体に湿疹ができ始め、弱い力で掻いた場合でも、血が滲むようになり、湿疹から体液が多くなります。また、真っ赤になるだけではなく、体液が出てきますので、瘡蓋になりますが、掻き毟ると、同じ状態を繰り返します。

症状を何度も繰り返す

アトピーは、体液が出たり、血が出た場合も治らなく、長い間、同じ症状が続きます。体が全体が、同じ症状を繰り返しては、仕事や学校などの日常生活に障害が出るのです。

アトピー性皮膚炎をチェックするには

アトピー性皮膚炎をチェックするには、アトピーになると重症化する可能性もありますので、早めにアトピーを見つけ、改善するのが大切です。

    1.かゆみは夕方~夜中まで続く
    2.家族にアレルギー(花粉症や鼻炎など)体質の人がいる
    3.皮膚がカサカサしていたり、じゅくじゅくしている時がある
    4.発疹がたくさん出るだけではなく、痒くなる
    5.体液のようなものが腕の関節や足の関節などから出てきてしまった
    6.気管支喘息やアレルギー鼻炎などにかかったことがある
    7.皮膚に盛り上がりがあり、かゆくなる
    8.皮膚の一部が赤くなったり、擦った時に白い筋のようなものができる
    9.アレルギー体質でアレルギーを持っている
    10.耳が切れやすく、かゆい
    11.何度もその症状を繰り返している
    12.市販の薬が効かない

などの症状に2~3個以上当てはまっている場合は、アトピー性皮膚炎の可能性が非常に高くなります。アトピーになると、繰り返し、慢性化してしまう場合もあるため、早めの治療を行いましょう。

アトピー性皮膚炎は、これらの症状が頻繁に出ることが多く、慢性化してしまいます。そのため、アトピーの症状が出ている場合には、早めに気が付くことができるように、することが大切です。しかし、気が付いたとしても、アトピーが治りにくい可能性もあります。

医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!

このページの先頭へ