アトピー市販薬の効果とは?アトピー性皮膚炎の治療薬の効果とは

アトピー性皮膚炎になった際には、治療薬を利用しますが、アトピーがあまり悪化していない状況の場合は、アトピー市販薬を利用して、アトピーを治そうと考えている方もいらっしゃいます。

しかし、アトピー性皮膚炎の場合は、市販薬を塗ると悪化する可能性もあります。正しい方法で市販薬や治療薬は使わなくてはならないものです。最初は綺麗に治ったとしても市販薬が体に合わないと、肌がボロボロになる可能性もあります。

では、アトピー市販薬の効果やアトピー治療薬には、どのくらいの効果があるのでしょうか。

医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!

アトピー市販薬の効果とは?

アトピー市販薬の効果とは、正しく利用すれば、治せる可能性もあります。しかし、市販薬を利用している方の中には、「友人から聞いたから試した」「口コミや評判が良かったから試した」「体に良さそうだと感じたから試した」という方が多いのです。

市販薬でも皮膚の状態によって、悪化する可能性もあります。良い市販薬だと聞くと「自分にも合っているかもしれない」と試し、結果的に悪化し、他の市販薬を試すという悪循環に繋がります。

市販薬を使ってはいけない時

市販薬を使ってはいけない時があります。赤く腫れあがっている時や膿が出ている場合は、悪化の可能性が高くなりますので、アトピーの市販薬は利用しないのが大切です。

市販薬を使っても良い時

市販薬を使っても良い時は、肌の状態によりますが、皮膚が薄くなっていて、少しだけ赤みが見られる時です。また、市販薬も薄く塗り、長期間は使わず、良くならない時には、食生活を見直すのも重要です。

油っこいものや甘いものは、皮膚の状態を悪くしやすく、アトピー性皮膚炎を酷くする場合もあります。市販薬を使う時は肌の状態を見て使いましょう。

市販薬でもステロイド剤はあります。利用する時は、説明書をしっかりと読んで使用すると、効果が得られる場合もありますが、アトピー性皮膚炎が酷い場合は、効かない時が多くあります。

アトピー性皮膚炎の治療薬の効果とは

アトピー性皮膚炎の治療薬の効果とは、アトピー性皮膚炎の治療薬は、ほとんどがステロイドですが、確かにステロイドは驚くほどの効果を発揮して、アトピーを治してくれますが、治療薬を飲んだり、外用薬を利用している方が、悪化する可能性は高いのです。ステロイドには、副作用があり、アトピーを治しにくくします。

アトピー性皮膚炎の治療薬の副作用とは?薬の恐ろしい副作用とは

治療薬を使ってもいい時

治療薬は医師の指導の元、使うようにし、治療薬を勝手に様々な部位に塗るとアトピーではない部位に湿疹が発生する時もあります。しかし、治療薬の効果はあっても、実際に正しい塗り方を教えていない医師もいます。治療薬の力ばかりに頼っていると、状況は悪化し、アトピー性皮膚炎が治らないで残る可能性もあります。

中には、治療薬を貰って使った方が、朝起きたら、薬を塗った部分が腫れていたという方もいます。しかも、異常に気が付かず、強い治療薬を長期間使う方もいます。

放置したままでは、皮膚の状態が悪化するだけではなく、精神的にも辛くなりストレスが溜まります。治療薬を使うことで、肌も良くならずストレスも溜まるという悪循環になります。

治療薬は扱い方が難しく、どのタイミングで塗ればいいのか、皮膚の状態が変化したら塗らなくてもいいのか、などの疑問がたくさん出てきます。治療薬は医師から処方されていますので、自分に合っている治療薬を探すのは難しですが、肌の状態や使っている期間を見て、治療薬を変えたり、別の方法と試すほうが早く治せる可能性があります。

医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!

このページの先頭へ