坐骨神経痛の対処法とは?坐骨神経痛対策・坐骨神経痛の改善方法

腰や臀部に激痛が走り、眠れない場合や起き上がれない時は、坐骨神経痛の可能性があります。坐骨神経痛を起こすと、立ち上がれなかったり、辛くなりますので、仕事に集中するのができないだけではなく、仕事を休まなくてはいけない可能性もあります。

坐骨神経痛の症状が辛い時には、坐骨神経痛を治す際に様々な改善方法や対策方法で、坐骨神経痛を和らげるのが大切です。坐骨神経痛になりやすい方は主に、腰部に負担が罹っている方や同じ姿勢を保つ必要がある方です。

例えば、事務員や美容師なども同じ姿勢をとる必要があります。体を動かさないと、腰に大きな負担が掛かり、腰の負担が蓄積していくと、坐骨神経痛などの痛みに変わります。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

坐骨神経痛の対処法とは?

坐骨神経痛の対処法とは、坐骨神経痛を早めに対処する場合には、体を動かさず安静にするのが大切です。安静にする方法は他の腰痛にも言えますが、激しく痛みがある場合には、体を動かすと激痛が走る場合があります。激痛が走ると筋肉がさらに炎症し、痛みが取れるのが遅くなる可能性が高くなります。

安静にする場合は

布団を敷き、仰向けになるのではなく、左右どちらか楽な方を選び、横になりましょう。安静にする場合は、ただ横になるだけではなく、膝を曲げ少し丸まるような形を取ります。

もし、左右どちらとも痛い場合は、仰向けになった後に、膝の下に丸めた布団などを置き、クッション変わりにすると、衝撃を抑えられます。

痛みがある時は

痛みが引いたと感じても痛む場合もあります。痛みが続く場合は、痛みの部分を冷やすと痛みがおさまる場合もあります。動く時に痛む場合は、コルセットを付けるのも良いのですが、圧迫するとさらに痛くなる場合もあります。

何かを使用して痛い場合には、付けないほうが良いでしょう。また、コルセットの場合は、長時間付けていると、腰の力が衰え、腰を自分で支える時の筋肉が少なくなります。コルセットを付ける時は、医師の指示に従うのが大切です。

座る時の姿勢

イスなどに座る時には、良く足を組んでいる方もいますが、足を組むと、骨盤が歪みますので、坐骨神経痛に響く場合があります。正しい座り方をすると、坐骨神経痛を和らげられる場合があります。

イスに座る際には、机とご自身の感覚は、拳で1つ分開けるようにして、椅子は浅く座るのではなく、一番奥に腰掛けるようにしましょう。特に椅子が低すぎたり、高すぎる場合は、骨盤に負担が掛かる場合があります。イスに座ったままで物を取ったり、足で引きよせたりするのも腰に大きな負担が掛かる原因です。

坐骨神経対策・坐骨神経痛の改善方法とは

坐骨神経対策で坐骨神経痛の改善方法とは、骨盤を歪ませないようにして、体を真っ直ぐ保つのが大切です。特に、日常生活での会社やプライベートでも腰に気を遣いながら過ごす必要があります。

仕事を長時間行わない

立ち仕事や座り仕事の場合は、腰に大きな負担が掛かります。仕事を行っている最中には、10秒でも良いので伸びをしたり、腰を上げるのも必要です。少しでも体を動かすと、疲れや腰への負担が掛かり難くなります。

ストレッチを行う

自宅に帰宅した後には、姿勢のバランスを保つ時にストレッチを行うのも非常に大切です。1日1回体を動かす際のストレッチを行うと、坐骨神経痛を治せる可能性もあります。

しかし、坐骨神経痛の場合は、医師に相談をして、運動やストレッチを行ってもいいのか確認を取る必要があります。痛みだけではなく、臀部から足に掛けて、痺れがある場合は、ストレッチは行わないほうが良いでしょう。

整体やカイロプラクティックに行く

整体に行ったとしても、先生が知識のある方ではない限り、坐骨神経痛を再発する場合もあります。特に、整体は資格等がありませんので、坐骨神経痛の知識が無い可能性もあります。

坐骨神経痛になった場合

坐骨神経痛になった場合には、腰部に負担を掛けるのは良くありません。激しい運動は避けるようにし、痛みが良くなってきた場合は、ストレッチなどを行うと良いでしょう。ストレッチを行う際には、腰痛改善ストレッチ「福辻式」をお勧めします。

簡単に行うことができ、高額な施術費を払うこともありません。クリニックから処方されている痛み止めを飲む必要もなくなるかもしれません。整体やカイロプラクティックの場合は、痛みをさらに、悪化する可能性もあります。

痛みを取る際は、この腰痛改善ストレッチ「福辻式」を利用すると、長年悩まされていた悩みから解放される可能性もあります。痛みを我慢するとストレスも溜まります。腰痛改善ストレッチ「福辻式」を利用し、改善できるかも知れません。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ