坐骨神経痛を予防するには?坐骨神経痛の効果的な予防法とは

坐骨神経痛は、腰部に痛みが走りますので、非常に辛い症状です。足腰が立たなくなる場合もあり、寝たきりになる可能性もあります。安静にすると多少痛みは治まりますが、程度によって違いがありますので、休んでも痛みが変わらない時もあります。

仕事をするのも難しく、日常生活にも大きな障害が表れます。足腰に痺れなどの症状が出てくる時もありますので、早めに坐骨神経痛の対策をとらなくてはなりません。しかし、坐骨神経痛が起きないように、予防するのが一番大切です。

坐骨神経痛は、日常のちょっとしたことに気を付けると、予防できる可能性もあります。まずは、予防法を知り、坐骨神経痛を起こさないようにするのが必要です。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

坐骨神経痛を予防するには?

坐骨神経痛を予防するには、坐骨神経痛が続くと、排尿障害や排便障害になる可能性もあります。日常で行っているちょっとしたことが、腰部に負担を掛けますので、腰部に負担を掛けたことが原因となり、坐骨神経痛を発症する場合もあります。

坐骨神経痛も様々な予防方法がありますが、体を丈夫にしたり、足腰を鍛えるのは、坐骨神経痛を予防する際に最も重要です。坐骨神経痛にならないようにする際も、体を鍛えるのは必要です。

他にも、日常で気を付ける必要があり、坐骨神経痛にならないように体を守ると坐骨神経痛を予防できるかもしれません。

正しい姿勢を心掛ける

坐骨神経痛になりやすい方は、長時間同じ姿勢をする方です。しかし、姿勢の取り方にも違いがあります。例えば、事務などで坐骨神経痛を予防する場合は、椅子に座っている際、一番奥に腰かけ、背もたれに沿いながら体を正すのが大切です。

また、パソコンは正面に置き、真っ直ぐに画面を見れるようにする必要があります。臀部に掛かる重さは均一にし、どちらか一方に偏らないように注意します。1時間に1回は体を伸ばす時間を作り、立ったり、体を少しだけでも動かすのが大切です。

背もたれに腰かけた場合は、パソコンとの距離を離しすぎるのも良くありませんので、体をパソコンに近づけ、拳1個分くらいの間隔を開ける必要があります。

運動を行う

ストレッチやエクササイズなどを行うのが効果的です。運動不足になると筋肉の持久力が低下しますので、腰の負担に耐え切れず、坐骨神経痛になる可能性があります。

体を1日1回は動かし、筋肉を鍛えるのが重要です。筋肉を鍛える場合は、スクワットやラジオ体操などの運動を行うと良いでしょう。体を動かさないと筋肉はさらに衰えます。少しでも体を動かすと、腰部が丈夫になる可能性が高いのです。

体を冷やさない

クーラーなどで部屋が冷えている場合には、筋肉が硬くなります。部屋が冷えると坐骨神経痛を起こす能性があります。体は冷やさないように膝掛けなどを利用し、対処します。足元に掛けるだけでも効果があります。

坐骨神経痛の効果的な予防法とは

坐骨神経痛の効果的な予防法とは、最も効果が高い方法は運動ですが、激しい運動は毎日職場に通っている中で行えません。しかし、ストレッチやエクササイズであれば、簡単に行えます。

ストレッチの効果

ストレッチを行うと、体を温められるだけではなく、硬くなった筋肉を柔らかくする可能性もあります。特に風呂上りの際は体も温かくなり、筋肉を解しやすくなります。

体を硬くすると坐骨神経痛を起こす場合が多くなりますので、ストレッチを行うのも大切です。そこで、腰痛改善ストレッチ「福辻式」をお勧めします。非常に行いやすく、普通のストレッチよりも短い時間で行えます。

時間は約5分程度しか掛かりませんので、どんなに時間が無い場合でも行えます。体を柔らかくし、筋肉を解すのは坐骨神経痛にならないよする際に必要です。

坐骨神経痛の際のエクササイズ

坐骨神経痛の際のエクササイズとは、坐骨神経痛の予防にも様々ありますが、日常の生活で少しでも体に気を遣って生活をすると、予防できる方法もあります。しかし、ストレッチやエクササイズは非常に大切です。

この腰痛改善ストレッチ「福辻式」は非常に簡単に行える方法で、DVDを見てマネをするだけになりますので、老若男女様々な方でもお使いするのが可能です。

毎日、腰の調子がおかしい場合や将来こうなりなくはないと考えている方は、腰痛改善ストレッチ「福辻式」を利用すると、腰痛とは無縁の生活を送って行けます。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ