ぎっくり腰の応急処置とは?ぎっくり腰の正しい応急処置とは

日常で、急に起こるぎっくり腰ですが、ぎっくり腰はいつ起こるかどうかが分かりません。急になりますので、正しい処置を行わずに重症化する方が多くいます。

しかし、重症化すると非常に治りにくく、整体や病院などに通えなくなる時もあります。ですが、ぎっくり腰は突然訪れますので、正しい応急処置法を知っておくと、簡単に対処できる場合があります。

急に起こったぎっくり腰は、パニックになる時も多く、経験がありませんので、どうすることもできなくなります。少しでも応急処置をすると、悪い結果にはならない可能性もあります。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

ぎっくり腰の応急処置とは?

ぎっくり腰の応急処置とは、ぎっくり腰は突然襲ってきますので、パニックになりやすいですが、正しい応急処置を知っておくと、いつどこででも、ご自身やぎっくり腰になった方を助けられます。

ぎっくり腰の処置法

ぎっくり腰の処置法とは、長時間痛みが続いている場合は、早めに病院へ行くのが必要です。特に、救急車などを呼ぶ際には、ぎっくり腰の他にも、ケガをしたり、事故の際は利用するのが必要です。

ぎっくり腰は激痛が走りますが、体を休めると治りやすい可能性もあります。患部を冷やし、ベンチの上で寝て、体を動かさないのが大切です。救急車を呼んだとしても、ベットや病院に空きがない時もありますので、待っている時間が必要になる時もあります。

道端でぎっくり腰が起きた際の応急処置

道端でぎっくり腰が起きた際の応急処置とは、歩いてる最中にぎっくり腰になった場合、車通りの多い場所や危険な場所な時は、移動するのが必要です。移動する場合は、体を引きずっても、安全な場所に移動します。

ぎっくり腰で移動する際は、痛みがありますが、思わぬ事故に繋がる可能性もありますので、速やかに移動しましょう。

体を横にしたり、壁に座って、楽な体勢をとります。身体を休めている時に痛みが和らげられず、苦しむほどの痛みがある場合は、救急車を呼んだり、誰かに助けを求めたほうが良いでしょう。

痛みが和らいだ時には、コンビニや近くのスーパーなどで、タオルや氷、保冷剤などを購入して、氷をタオルなどで包み、患部を冷やします。患部が冷えてくると痛みが和らぎやすく、痛みが和らいだ場合は早めに、近くの治療院などを利用するのが大切です。

自宅で起きた場合のぎっくり腰

自宅でぎっくり腰が起きた時には、誰かいる場合は、助けを求め、誰もいない場合は、その場で横になるようにします。ぎっくり腰で横になる時には、暖房器具や火事になりやすい物のスイッチは切りましょう。安全を確保するのが大切です。

横になっても痛みが治まらなかったり、痛みが長く続いている場合は、早めに病院へ行くようにしましょう。特に排便や排尿に障害が起きた時には、病院に行き診断を受けて下さい。

腰痛ベルトを利用する

会社がある際には、腰痛ベルト利用すると、仕事を続けられる時もあります。しかし、少しの痛みを我慢しなくてはなりません。痛みが強く、長時間の激痛が走る場合は、無理をせず安静にするほうが復帰が早くなりますので、会社に迷惑を掛けにくくなります。

ぎっくり腰の正しい応急処置とは

ぎっくり腰の正しい応急処置は、安全の確保を行う必要があり、危険な場所にいる場合は、どんな格好でも安静にできる場所に移動するのが大切です。

また、安静にする場合は、横になって、力が抜ける状態になるようにしましょう。患部を冷やすのも必要になりますので、氷などを購入して冷やすのが必要です。

無理に体を動かしたり、マッサージなどを行うと体が痛くなる時も増えますので、体は無理に動かさないようにするのが大切です。

ぎっくり腰の応急処置を行った場合

ぎっくり腰の応急処置を行った場合、病院に行った後も痛みが続く時もあります。痛みが続いている場合は、整体やカイロプラクティックなどに行くよりも、病院や自身で治療したほうが改善できる可能性も高くなります。

しかし、病院は、痛み止めにお金が掛かりやすく、コストも多くかかります。そこで腰痛改善ストレッチ「福辻式」をお勧めします。腰痛改善ストレッチ「福辻式」は誰でも行える簡単なエクササイズを約5分間だけ行うだけで、ぎっくり腰などを治している人が非常に多くいる方法です。

何人もの腰痛を解消した先生が考えたエクササイズで、実際に効果があるといった方はたくさんいます。応急処置を行っても痛みが続く場合や病院にいっても痛みが緩和されない時もあります。

ですが、腰痛改善ストレッチ「福辻式」を利用すると腰痛を治すだけではなく、ぎっくり腰が起きない可能性も高くなります。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ