アトピー内服薬の効果とは?アトピー性皮膚炎の飲み薬の効果とは

アトピーを抑える薬には、外用薬ではなく、内服薬もあります。内服薬の中には主に3つあり、アトピー性皮膚炎が酷過ぎる場合などに利用されます。内服薬を飲むと肌が綺麗になる場合もありますが、使い方を間違えると副作用が起きる場合もあります。

アトピーの内服薬を飲んで効果を出す方法もあります。間違った使い方をして、アトピーが悪化する可能性もありますので、アトピー性皮膚炎を悪化させないようにする場合も内服薬の効果を把握すると、正しく利用できます。

では、アトピー内服薬の効果やアトピー性皮膚炎の飲み薬には、どんな効果があるのでしょうか。正しい使い方をして、アトピーを改善するのが大切です。
医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!

アトピー内服薬の効果とは?

アトピー内服薬の効果とは、非常に高く、よほどアトピー性皮膚炎が強い方でなければ使わず、外用薬や他の治療薬で様子を見て行きますので、内服薬を利用する時は、ほとんど、アトピー性皮膚炎が通常時よりも酷い場合の時に使われます。

アトピー内服薬は、3つに分けられ「ステロイド系」「抗アレルギー剤」「抗ヒスタミン剤」に分けられます。効果は、非常に高く出ますが、気を付けなくてはならない部分がたくさんあります。

ステロイド系の軟膏の効果

ステロイド系の軟膏の効果は、非常に高く、飲んだ瞬間から、2~3日後には皮膚が全てツルツルになり、肌も綺麗になります。ステロイドが直接血に混ざると、ステロイドを全て外に排出するのができなくなり、ステロイド系の内服薬を飲まなくなると、すぐに皮膚が炎症を起こしはじめます。ステロイド系の内服薬には、外用薬よりも怖い副作用も表れます。

アトピー性皮膚炎の治療薬の副作用とは?薬の恐ろしい副作用とは

内服薬を服用しただけでも、肝臓や消化器官が働きにくくなり、強いリバウンドが起き、アトピーではなかった場所まで炎症が起きる可能性があります。

抗ヒスタミン薬の効果とは

抗ヒスタミン薬の効果とは、かゆみを鎮めたり、くしゃみを止めたりする効果があります。体の中には、ヒスタミンと言われる物質が白血球から分泌される時がありますが、ヒスタミンがかゆみと起こしたり、鼻水を出させたりしています。

抗ヒスタミン薬には眠気を起こす作用がありますので、抗ヒスタミン薬を飲んだ時は運転や仕事は控えるようにしましょう。

抗アレルギー薬の効果

抗アレルギー薬は、アレルギーを起こすと言われている体内のたんぱく質を抑え、湿疹を起こす化学物質を抑えてくれたりします。アトピーに効果がでるのには約1か月くらいかかるとされています。

アトピー性皮膚炎の飲み薬の効果とは

アトピー性皮膚炎の飲み薬の効果には様々あり、使い方を守らなければ、副作用や効果が無くなる可能性もあります。特にステロイド系の内服薬を飲む場合は、自分で量を減らしたり、増やしている方もいますが、ステロイドは体の中に老廃物としてとどまりやすく、副作用だけではなく、失明する可能性もあります。

アトピー性皮膚炎の飲み薬を飲んで効果を出したい場合は、長期間飲み続けるのではなく、医師の指示に従って飲む必要があります。中には、免疫抑制薬と言われる飲み薬もあります。

自宅でアトピーを治療するには?自宅でアトピー性皮膚炎を治すには

免疫抑制薬とは

免疫抑制薬とは、体内で過剰に起きている異常な免疫反応を抑える薬のことです。ステロイド系内服薬で効果が表れない時に利用します。ステロイドよりも強い副作用が見られる場合があり、医師に相談をして内服します。

免疫抑制薬を利用することができるのは、今までの治療で効果が無く、強い炎症や湿疹が様々な場所に広がっている症状を持った16歳以上の患者です。

ステロイドだけでも腎臓の機能が低下するだけではなく、血圧が高くなり、高血圧になる場合もありますので、アトピー性皮膚炎で内服薬を利用する場合は、医師の説明を聞き、内服するのが大切です。
医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!

このページの先頭へ