アスペルガー症候群の原因とは?アスペルガー症候群になる理由

アスペルガー症候群は、非常に理解しにくく、原因もはっきりとは分かっていません。アスペルガー症候群は、様々な原因で起こっている可能性がありますので、アスペルガー症候群を理解するのが大切です。

アスペルガー症候群は正しく診断されにくく、理解されないまま、うつ病を発症したり、会社を解雇される場合もあります。子供や夫、妻にアスペルガー症候群が見られる場合は、早めに対処するのが必要です。

では、アスペルガー症候群の原因にはどんなことがあり、発症する理由はあるのでしょうか。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

アスペルガー症候群の原因とは?

アスペルガー症候群の原因とは、現在の医学では明確にはなっていません。原因には様々あり、脳の機能障害や家庭の環境が原因によって、アスペルガー症候群を引き起こす場合もあります。

アスペルガー症候群とは?アスペルガー症候群の症状とは

脳の機能障害が原因

脳の機能障害が原因の場合があります。現在も研究が進められている途中ですが、脳に何らかの障害が生まれつきあり、脳の機能障害が起きているのが原因の可能性があります。

両親どちらかの遺伝が原因

両親どちらがアスペルガー症候群の場合は、両親の子供にもアスペルガー症候群を発症する時があり、親子で性格が似ていたり、行動もにている場合は、アスペルガー症候群の可能性が非常に高くなります。しかし、医学的根拠がありませんので、遺伝が関係するとは、はっきり言えません。

環境が原因

アスペルガー症候群になったのは、家庭環境や親の育て方が悪かったのが原因と考えている方もいますが、同じく医学的根拠が見られていませんので、アスペルガー症候群の症状が子供に表れたとしても育て方が悪かったとご自身を責めてはいけません。子供の接し方を変えることを重点におきましょう。

環境ホルモンが原因

母親が妊娠している際に、胎児が男性ホルモンを大量に浴び、アスペルガー症候群になる場合があります。ダイオキシンや農薬が影響していると考えられています。

ウイルス感染が原因

母親が妊娠している時に、ヘルペスやウイルスに感染する場合は、アスペルガー症候群になるリスクが上がると言われています。

自己免疫が原因

自己免疫は、自分の体を守る場合に、体が勝手に行いますが、急に、自分の体を敵だと勘違いして攻撃する場合があります。脳が攻撃され、アスペルガー症候群になる可能性もあります。

家庭環境が原因

家庭環境が原因の場合もあります。両親の愛情を感じずに、虐待ばかりされて育った子供や仕事が忙しく子供と遊べないまま、成長すると子供は「相手の気持ち」や「共感できない」などのアスペルガー症候群と同じ症状が表れます。コミュニケーションが満足に取れていない場合も同じ症状が表れたりします。

しかし、アスペルガー症候群の方は、文字の読み書きの能力が非常に高く、本を1ページ丸ごと覚えられたり、3ヶ国語を話したりなど、天才的な面があります。有名な方でもアスペルガー症候群になっている方はいます。織田信長やアルベルト・アインシュタイン、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、などもアスペルガー症候群と言われています。

アスペルガー症候群になる理由

アスペルガー症候群になる理由にも様々ありますが、家庭環境だけではなく、遺伝的要因が非常に強いと考えられます。アスペルガー症候群は確かに、空気を読めなかったり、社会で通用しない部分もありますが、自分自身が当てはまっている職業や趣味を知れば、天才的な力を発揮します。

社会の理解が非常にされにくく、「頑張りが認めてもらえない」「どうしてもできない」「同じミスを何度もやってしまう」を何度も繰り返すと「どう頑張っていいか」が分からなくなり、うつ病を発症する時もありますので、友人や夫、妻にアスペルガー症候群の症状が表れている方がいたら、理解して、接するのが大切です。

アスペルガー症候群はほとんど、遺伝子が原因によって、脳に障害が起き、発症する可能性がありますので、空気の読めないときや共感が得られない場合でも、周りの方が理解していくのが必要です。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

このページの先頭へ