逆流性食道炎とは?逆流性食道炎の症状とは?症状のチェック方法

現在は、様々な食があり、夜中でも食事ができたり、食事を簡単に済ませられるものもたくさんあります。お酒の種類も多くありますので、飲み会の時に飲みすぎたり食べ過ぎたりする時もあるのではないでしょうか。

しかし、食べ過ぎや飲み過ぎが合った場合「横になると吐き気がする」「急に酸っぱいものが込み上げる」「げっぷや嘔吐が多い」「喉に違和感を感じてしまう」これらの症状があった場合は、逆流性食道炎の可能性があります。

逆流性食道炎は非常に辛く、急に酸っぱいものが込み上げるのが何度も続きます。しかも、喉に違和感があり、酷い場合は何度も吐き、声がかすれたり、食事を目の前にした瞬間吐くなど、長期間、問題を抱えている人も多くいる病気です。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、通常食事をした際には、胃で食べ物が消化されますが、逆流性食道炎になると、食道の方に胃で消化されるはずの食物が逆流し、胃酸で食道が炎症を起こすことを言います。

日本人には少ない病気とされていましたが、現在では、様々な食文化があり、昔と今の食生活は変わってきていますので、現在では、逆流性食道炎による患者が増えています。逆流性食道炎になると、急に食べたものが込み上げて来たり、日常生活に障害をもたらす可能性もあります。

逆流性食道炎の症状とは

逆流性食道炎の症状とは、食道に胃酸がかかりますので、消化気管に様々な症状が表れます。

喉がイガイガする・痛い

喉がイガイガしたり、痛い場合は、食道に胃酸が上がりますので、食道が炎症し、違和感が現れます。また、食事をする際に、喉を通しますので、イガイガとした違和感を感じます。

胸やけや胸の痛み

胸の方が焼けているような感覚になります。食事をしたとしても、胸がやける感覚が現れ、気持ち悪くなり、食事を途中で止めるだけではなく、食事を見ただけで胸やけがし、食べられなくなります。

嘔吐や吐き気

食事を食べる度、胃から食道の方へ、食べたはずの食物が上がってきますので、何度も吐き気したり、嘔吐をします。食事を食べる度に症状が表れ、消化している際に起きます。しかも、食事を食べた後すぐに寝ると症状が起きやすくなります。

喘息が起きる

喘息を持っている人が、逆流性食道炎になると、逆流した胃酸が気道にも入り、そのまま、胃酸が気道を炎症させますので、喘息を起こします。胃酸を気道が吸入すると起きます。

胃酸が気管を刺激すると、喘息の症状を悪化させる時があります、逆流性食道炎を治すと、喘息を治る人もいますので、逆流性食道炎が喘息を引き起こしている可能性もあります。喘息とは、息が喘ぐと書くように、喉の音がゼーゼーと鳴ったり、ヒューヒューと音がします。咳が長く、痰が出る辛い病気です。

嚥下障害(えんげしょうがい)

食道は、胃酸によって、ボロボロになりますので、食事を飲み込みにくくなる場合もあります。しかも、飲み込めた場合でも上に上がってくる感覚が続きます。胃酸で喉がただれることもあります。

逆流性食道炎には多くの症状がありますが、ほとんどは食道を傷つけやすく、食事の際だけではなく、食事を食べた後にも症状は見られますので、辛い症状を抱えて、日常生活を送る必要があります。

逆流性食道炎の症状をチェック

当てはまる項目にチェックを付けていきましょう。

逆流性食道炎チェック

1.胸の手術を行った
2.食べ物を食べたりしたときは胸焼けがする、胸が痛む
3.食べ物を目の前にすると気持ち悪くなる
4.食事を飲み込みにくいときがある
5.のどに違和感を感じる
6.良く咳が出るようになった
7.吐き気や嘔吐を良くする
8.ダイエットをする時に吐いている
9.胸やみぞおちに違和感を感じる
10.食べたあとすぐに寝る

当てはまっているものが2~3個以上の場合、逆流性食道炎の可能性があります。しかし、他の病気の可能性もありますので、何かおかしいと感じた時には、対処する必要があります。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

このページの先頭へ