腹痛・胃痛は逆流性食道炎の症状?腹痛や胃痛が起こる原因とは

逆流性食道炎になると様々な症状が、体に表れます。現代では、非常に逆流性食道炎になる方も多く、食べ物を食べれなかったり、急な吐き気が襲ってくる時もあります。

逆流性食道炎が起きると、下部括約筋が様々な原因により、機能が低下し、食道にも炎症を起こすだけではなく、食事を十分に得られない場合も出てきます。

逆流性食道炎の症状が起きると、普通に仕事をする状態や就寝時でも同様の症状が表れる時もあります。中には、寝ている状態で吐くかたもいます。同じ症状が何度も続きますが、病院に通ったとしても5年間治らない方もいらっしゃいます。逆流性食道炎は、非常に恐ろしい病です。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

腹痛・胃痛は逆流性食道炎の症状?

腹痛や胃痛は、逆流性食道炎の症状、胃は、粘膜によって守られてはいますが、逆流食道炎になると、胃やお腹にも症状が表れやすくなります。

胃痛の症状とは

胃痛の症状とは、胃酸は、食材を溶かすほど強力で、胃酸により、胃の組織が傷つく時があります。酷い胸やけや吐き気などが襲ってくるだけではなく、胃が痛くなり、過敏な胃がさらに痛みを受けます。

夜に胃が痛いと眠れなくなり、不眠症になる時もあります。胃がむかむかしていると疲れが取れない状態が続き、ストレスが溜まりやすくなります。

逆流性食道炎の原因とは?逆流性食道炎が起こるメカニズムとは

腹痛の症状とは

腹痛の症状とは、腸炎を起こす場合があり、腸炎には、腹痛や下痢が現れ、食べてもすぐに腹痛が起き、吐くなどの症状が現れる場合もあります。腹痛でも夜中に目が覚めたり、トイレに何度も起きますので、疲れが取れないまま、朝を迎えることになります。

逆流性食道炎の腹痛や胃痛には、酷い場合には胃がんや食道がんになる場合もありますので、逆流性食道炎を放置するのは良くありません。

腹痛や胃痛が起こる原因とは

腹痛や胃痛が起こる原因とは、原因は様々あり、大きな病気を起こす場合もありますので、注意が必要です。

胃痛の原因

胃痛の原因、胃は通常、食物を溶かすくらいの胃酸しか出しませんが、逆流性食道炎により下部括約筋の機能が低下すると、胃酸が通常よりも多くなります。胃も強い胃酸を出し、食物を溶かすだけではなく、胃が保護されている部分も解かされ、胃が焼けただれます。

胃酸によって、胃が焼かれますので、胸やけや胃のむかつき、吐き気などに繋がります。胃酸は、食物を溶かす力がありますので、かなり強力になります。飲酒や暴飲暴食をすると、胃酸が増加する時もあります。

腹痛の原因

腹痛の原因、腹痛は、ストレスから来ているものが多く、ストレスがあると胃酸が増し、胃酸が腸を傷つけると、腹痛が起きる場合があります。痛みが長く続いたり、食事を摂れなくなるほど辛くなります。ストレスを解消すると、胃痛が治まる場合がありますので、ストレスを解消するのも大切です。

逆流性食道炎による胃痛や腹痛が起きた場合

逆流性食道炎による胃痛や腹痛が起きた場合、胃痛や腹痛が起きた場合は、放置すると、食道がんや胃がんになる可能性があります。しかも長期間続くと、睡眠障害も増えやすくなります。

胃酸も非常に強い液を出している可能性が高くなりますので、最近、胸やけが続いていたり、吐き気がする場合は、逆流性食道炎の可能性があります。

胃に大きな穴が開いたり、胃が抉れる時もありますので、早期発見を行い、胃がんや食道がんにならないのが大切です。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

このページの先頭へ