逆流性食道炎の原因とは?逆流性食道炎が起こるメカニズムとは

逆流性食道炎になると身体には、様々な影響が出ます。例えばげっぷが出たり、吐き気やおう吐をする時もあります。しかし、胃酸は胃の中にあるのは平気ですが、なぜ食道に上がってくる時に、喉に違和感を感じたり、食道に炎症を起こす時があるのでしょうか。

現代では、様々な食べ物があり、あらゆる場所で食べられます。食生活や生活習慣も関係しています。逆流性食道炎になると、食事をいつも通り美味しく食べられなかったり、何をしても吐き気がする時もあります。

逆流性食道炎は、生活に非常に大きな障害になります。食事を美味しく食べられ、健康的な生活を送る場合は、まず、逆流性食道炎を把握するのが大切です。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

逆流性食道炎の原因とは?

逆流性食道炎の原因とは、普段食べているものにも原因がありますが、食事以外にも原因になる部分はあります。

ストレスや環境が原因

食道知覚過敏と呼ばれるストレスで起きる時もあります。食道知覚過敏は、歯の知覚過敏と似ていて刺激物が入ってくると、過敏に反応します。ストレスなどで食道が敏感になっていると、胸やけなどの症状を起こしやすくなります。

年齢が原因

下部食道括約筋は歳をとると、下部食道括約筋の働きが弱まります。しかも、逆流した胃酸を唾液などを利用し、薄めるのが難しくなります。歳をとると、背中も曲がりますが胃に圧力が掛かり、胃酸が上に押し出されます。胃酸が押し出されるのが原因で逆流性食道炎になります。

コレステロール値が高いものの食べ過ぎが原因

脂肪の多いものをたくさん摂取すると、十二指腸から、コレシストキニンといわれるホルモンが働きます。脂肪分が多い食事を摂ったり、多く食べ過ぎると、小さかった胃が無理やり引き伸ばされます。

胃が無理やり伸ばされると、下部括約筋が緩みます。胃が大きくなり、脂肪分が多い食べ物は、胃酸が多量に出やすくなり、たんぱく質などの、たらこや生ハム、カツオや筋子の食べ物が胃に残りやすくなりますので、胃酸が食道へ逆流する場合もあります。

肥満が原因

日本人が肥満になると、逆流性食道炎になる時もあります。胃に負担が掛かり、胃酸が押し出されると、逆流性食道炎になる場合もあります。

吐くダイエットが原因

吐いてダイエットをする方法がありますが、非常に危険で吐くのに慣れると、胃酸が上がりやすくなり、寝ている時や食事を目の前にした際に吐きやすくなります。しかも、食べ物を胃に入れた瞬間吐く場合もあり、食道が炎症を起こしやすくなります。

様々な原因がありますが、やはり、食べ過ぎや肥満体型になると、逆流性食道炎は起こりやすく、脂肪分が多く含まれている食事を摂ると、胃酸もさらに多くなります。

逆流性食道炎のメカニズムとは

逆流性食道炎のメカニズムとは、通常、食事を食べていない時は、食道と胃の真ん中にある下部食道括約筋が閉まっていますので、胃酸が食道まで上がりません。しかし、食事を食べる際には、下部食道括約筋が胃に物を入れる時に緩くなります。

しかし、様々な原因があり、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)が緩むと、胃酸が食道に入ります。胃は胃酸から粘膜を守る機能が備わっていますので、胃が溶けたり、炎症を受けにくくなっています。

ですが、食道には胃のような機能が備わっていませんので、粘膜が胃酸に触れると炎症を起こします。これが逆流性食道炎が起きるメカニズムです。

胃酸は、消化酵素が含まれていますので、食事をした時には、胃酸で食物を柔らかくする時に、他の小腸などに吸収しやすくなります。しかし、食事を摂った後は、消化酵素(たんぱく質分解酵素)が含まれている胃酸が様々な原因で逆流しますので、喉に違和感を感じるようになったり、酸っぱいものが込み上げてくるのです。

下部食道括約筋について

    下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)は、胃に入っているものが逆流しないように、唾液で胃酸を薄め、胃酸で食道を傷つけないようになっています。しかし、逆流性食道炎になると下部食道括約筋が弱まったり、胃酸の量が増えやすくなりますので、下部食道括約筋の本来の働きが弱まります。

逆流性食道炎が起きると日常生活に障害が起きる

逆流性食道炎が起きると日常生活に障害が起きる可能性があります。逆流性食道炎は様々な原因によって、引き起こされていますが、病院に通っても治りにくく、何年も症状を抱えている人もいます。

逆流性食道炎は、食事を目の前にした瞬間吐きたくなりますので、食事会に行く時もみんなで食事を囲むこともできなくなる場合もあります。

逆流性食道炎になった場合には、原因から解決し、改善すると、日常生活を楽しく送ることができるでしょう。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

このページの先頭へ