逆流性食道炎を改善するには?逆流性食道炎の治療・対策方法とは

会社の付き合いなどで飲み会が多かったり、家に帰る時間が遅い場合には、食事を食べるのも遅くなります。乱れた生活を続けていくと、生活習慣は悪くなり、様々な病気に罹りやすくなります。

しかも、食事を食べた後すぐに寝ると、逆流性食道炎になる可能性があります。逆流性食道炎は、胃酸が食道の方まで上がりますので、食道が胃酸で焼けます。食事をするのも辛くなり、食事が出るだけで胃酸が出ますので、気持ち悪くなり、吐き気も起こしやすくなります。

逆流性食道炎は、放置すると食道に炎症を起こしますので、食道がんや咽頭がんになる時もあります。早めの対策をするのはもっとも必要です。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

逆流性食道炎を改善するには?

逆流性食道炎を改善するには、まずは、胃酸が上がるのを防ぐ必要があり、下部括約筋の機能を正常にしなければなりません。生活習慣の改善をするのが非常に大切ですが、元の生活に戻し、体内も元の環境に戻すのが必要です。

逆流性食道炎が治らない場合もあり、数年間や数か月間何を試しても、長期間治らないような方もいます。食事から治せる場合もありますが、ストレスを溜めないのも大切です。他にも、漢方で治る場合もありますが、胸やけや吐き気などの症状が起きる際には、早めに病院に行くようにしましょう。

ストレスが溜まるとコーヒーやタバコを一緒に利用する時もありますが、コーヒーやたばこも控える必要があります。では、具体的に逆流性食道炎の治療や対策法には、どのような方法があるのでしょうか。

逆流性食道炎の治療・対策方法とは

逆流性食道炎の治療や対策方法とは、根本的な逆流性食道炎の原因から解決していく必要があり、病院などに通う場合も出てきます。病院に通うと治療が開始されますが、最初は薬を飲んで治療を行います。

検査後に出される薬

検査する場合には、内科や胃腸科、消化器科などで診察する場合が多くなりますが、逆流性食道炎を診察する場合には、胃酸の分泌を抑えられる、プロトンポンプ阻害薬PPIやH2ブロッカーなどの薬を利用し治療をおこないます。

市販などで売られている薬もありますが、何度も薬を買い続けなくてはいけませんので、病院でも同じで、数週間で治る方もいますが、根本的な治療ではありませんので、再発する恐れや治らない場合も多くあります。

生活習慣を治す

生活習慣の乱れを治すと、原因を解決できる可能性があります。例えば、食事を早く食べなくてはいけない時もよく噛んで食べたり、コーヒーなども1日1本にするなど本数を減らしていきます。

会社でストレスを溜める時もありますが、なるべくストレスは溜めない方が良いでしょう。食べた後すぐに寝る癖が付いている人は、食後、2時間後までは、体を起こす状態のほうが胃酸が食道まで上がらない可能性もあります。

食事を摂る時なども、脂っこいものや甘いケーキやプリン、アイスなどを食べすぎない様にするのが大切です。辛みがあるものも胃を刺激する原因になりますので、大量に摂り過ぎない様にしましょう。

肥満を解消する

身体に脂肪が付いていると、胃が圧迫されやすく、胃から押し出されるように胃酸が出てくる場合もあります。肥満を解消すると逆流性食道炎の症状も軽減される場合が多く、太っている人で、逆流性食道炎の場合は、体を痩せる努力をするのも必要です。

また、スーツなどを着ている際には、ベルトを締めますが、ベルトを締めていると胃が圧迫されますので、胃を圧迫したり、胸を圧迫させないのが大切です。

運動をする

運動をすると胃酸を抑えられる可能性や肥満解消になりますので、運動をして汗をかくのも大切です。日ごろから背筋を伸ばしていることでも逆流性食道炎を対策できるかもしれません。

姿勢を猫背にすると、身体が前のめりになりますが、身体が前に行くと胃に腹圧が掛かりますので胃酸が逆流しやすくなります。

様々な対策方法がありますが、まずは、逆流性食道炎になった原因を突き止めるのが大切です。根本的な原因から解決していくと、再発を防ぐだけではなく、治る可能性もあるかもしれません。

逆流性食道炎を防ぐには

逆流性食道炎を防ぐには、逆流性食道炎になると食事をするのも辛くなり、寝ている時でも吐き気がしますので、睡眠障害になる可能性もあります。しかも放置しておくと、食道がんや咽頭がんになる恐れもあり、非常に危険なのです。

そこで逆食改善プログラムを利用すると逆流性食道炎を解消するできるかもしれません。逆食改善プログラムは根本的な原因を探し、逆流性食道炎の原因を解決する対策法をいくつも用意しています。

対策方法も毎日行える簡単な方法がありますので、自宅で簡単に行えます。日本の名医にも選ばれている先生が行っている方法になりますので、安心して行えるでしょう。

逆食改善プログラムがあるだけで、安全に解消するのができるかもしれません。病院に通っている場合には、何度も通わなくてはなりませんので、時間も多く使います。治る気配がなく、1日に1食しか食べられない場合もあるのです。しかし逆食改善プログラムを利用することで食事を普通に食べることができる場合もあるかもしれません。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

このページの先頭へ