咳・喉の痛みは逆流性食道炎の症状?咳や喉の痛みが起こる原因とは

普通に咳き込んでいる場合や喉の痛みがある場合は、風邪と感じることもあるのではないでしょうか。喉がイガイガする時や咳が止まらない場合には、辛く、夜中に起きて咳をして眠れない方もいます。

しかし、咳には風邪以外の様々な病気が隠れている場合があります。咳の中には、逆流性食道炎になると起きる咳もあるのです。咳や喉の痛みは辛いものですが、放置すると、逆に悪化する可能性もあります。

まずは、逆流性食道炎による、咳やのどの痛みはどのようなものなのか把握するのが必要です。逆流性食道炎の大きな症状として、咳や喉の痛みが表れる時もあります。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

咳・喉の痛みは逆流性食道炎の症状?

咳や喉の痛みは逆流性食道炎の症状、逆流性食道炎は食道に胃酸が逆流して発症しますが、逆流性食道炎になると他にはどんな症状が現れるのでしょうか。

変な咳が出る症状

普通の咳ではなく、今にも吐きそうな咳をしている時には、特に注意が必要です。吐き気を催す咳は、食道から気道の方に胃酸が直接触れている時が多く、吐き気があると喉元に胃酸が入ってきますので、咳き込みやすくなります。

しかも、寝ている間は胃が食道よりも上になりますので、咳をしやすくなり、夜は咳き込みが強くなります。

吐き気が表れる咳は、胃酸が何度も喉を焼いていると起きる咳で、何度も胃酸が気管に入ると喉が痛くなるだけではありません。しかも胃酸は、食物だけではなく、強い胃酸の場合は、鉄も溶かすほど程強力なものです。

喉が痛くなる場合

胃酸が入ってくると、焼けているような喉に違和感を感じるようになります。しかも、喉が熱く痛いと胃酸で喉元を焼いてしまい、炎症を発症しているだけではなく、食道がんや咽頭がんなどを発症しやすくなるのです。

咳やのどの痛みが起こる原因とは

咳やのどの痛みが起こる原因とは、胃酸が食道から気管の方まで、入ってしまい、喉の炎症などが起きます。

咳が起きる原因

咳が起きる原因は、胃酸が強まると起きやすく、アルコールなどを良く飲む人や脂っこいものを食べた後、すぐに寝てしまう方は要注意です。腹部をベルトなどで固定する人は、腹圧が掛かりやすく、胃酸が上まで上がる場合があります。

胃酸が出ていると咳が起きやすく、ご飯を食べた後にアルコールなどを飲むと、胃酸が出ます。働いている人達は、時間が不規則になりがちですが、夜中にご飯を食べたまま寝ると、胃が動き出し、胃酸が食道のほうに上がりやすくなります。

喉の痛みが起きる原因

喉の痛みが起きる原因は、胃酸が食道から気管に入ると食道が焼けますので、喉が痛くなります。炎症を起こすと喉が痛くなり、喉の痛みでも咽頭がんになる場合もあります。食事を腹8分目にせず食べたり、炭酸飲料を飲むと起きると考えられています。

食後すぐに寝ること胃酸が喉を焼く原因になりますので、さまざまなトラブルが起きます。運動不足なども喉の痛みが起きる原因で、胃にあるものがエネルギーとして消化されないまま残る場合があります。

ストレスが溜まると、逆流性食道炎を起こしやすく、まずは、逆流性食道炎を治療するのが大切です。また、逆流性食道炎による咳や喉の痛みがある場合には、早めに病院に行き、検査する必要があります。放置しておくと癌になる場合も出てきます。

【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

このページの先頭へ