逆流性食道炎を予防するには?逆流性食道炎に効果の高い予防方法

飲み会や残業などが続くと、自宅で食事をする場合は、時間が遅くなります。しかも、次の日は会社に行かなくてはなりませんので、すぐに寝る必要があり、生活を続けている人も現代の社会人では多くいるのではないでしょうか。

不規則な生活を続けていると、逆流性食道炎になる可能性があり、逆流性食道炎になる場合は、非常に治りにくく、何度も再発してしまい、一生苦しみ続けなくてはいけない可能性もあります。

非常に恐ろしい病で、胸やけや吐き気などが込み上げるだけではなく、放置しておくと、食道がんや咽頭がんになります。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

逆流性食道炎を予防するには

逆流性食道炎を予防するには、原因となっている部分を取り除くのが大切です。逆流性食道炎は、食事や生活習慣等が原因で起きている可能性が高くなりますので、まずは、原因を取り除くのが予防に繋がります。

18時以降には食事をしない

通常、食後~2時間は横になるのは良くありませんが、18時以降に食事をすると、仕事等が早い場合は、寝る可能性が高くなります。しかし、そのまま寝ると、活発に活動する胃酸が食道に上がるようになる可能性があります。

食事は1日2食にする

食事をする際には、大目に食事を摂らないのも大切です、特に夜は食べなくてもカロリーは消費されませんので、朝と昼だけの摂取によって胃酸を抑えられ、肥満になりにくくなります。

消化に悪いものは食べない

ステーキやポテトなどは、消化に悪く、ポテトなどのいも類は、糖尿病になりやすい可能性もあります。逆流性食道炎を予防する際には、胃を刺激するものも余り食べないようにしましょう。特に、香辛料などの辛いものを食べると胃に刺激を与えることになります。

アルコールの摂取は控えめにする

アルコールは、胃酸を強める可能性があります。アルコールをビール一杯程度飲むくらいならいいのですが、毎日飲酒したり、アルコールを連続で飲み続けると、胃酸が濃くなります。

胃を圧迫するような恰好をしない

ベルトなどを閉めている場合、きつく締めすぎると胃に負担が掛り、胃を圧迫します。しかも、肥満の場合は、腹部に圧力が掛かると、胃が圧迫される可能性もありますので、肥満を解消すると胃を圧迫しなくなり、胃酸が逆流しなくなります。

喫煙をしない

胃酸は喫煙をすると濃くなります。喫煙をすると、濃くなった胃酸が、逆流性食道炎によって上がります。逆流性食道炎で食道を焼けやすくする可能性もあります。

逆流性食道炎に効果の高い予防方法とは

逆流性食道炎に効果の高い予防方法とは、生活習慣を改善するのも大切ですが、現在の社会では、18時以降に何も食べないなどの制限を行うのは難しい方もいらっしゃいます。喫煙をしないと自力で気を付けられますが、会社の付き合いなどもあり、飲み会には参加しなくてなりません。

男性でも女性でも逆流性食道炎になる可能性は非常に高くなります。しかも、社会的にも余り理解がされていない病気になりますので、病気を告げても飲み会などに行かなくてはならない場合もあります。

そこで逆食改善プログラムをお勧めします。逆食改善プログラムは、逆流性食道炎になった原因を探し、逆流性食道炎の原因に合った予防法や対策法を行い、治せる可能性が高いプログラムです。

しかも、自宅で簡単に行えますので、図や写真なども掲載されていて、分かりやすく、誰でも簡単に行いやすいプログラムです。実際に治っている人も多く、逆食改善プログラムを利用すると、逆流性食道炎の辛さから解放される場合もあります。

逆流性食道炎の予防法

逆流性食道炎の予防法とは、様々な予防法がありますが、実践できない方法もいくつかあります。しかし、守っていたとしても、再発する可能性があり、食事を食べるのが辛くなり、食事をするのも楽しくなくなる場合が出てきます。

食事を楽しむ際は、まずは、逆食改善プログラムを利用すると、正しい改善方法を行えますので、再発を防止できる場合もあります。病院などで治る可能性もありますが、病院は胃酸を抑える薬などを利用すると、最初は気持ち悪さも止まりますが、すぐに再発し、具合が悪くなったり、同じ症状が出始めます。

逆流性食道炎と、一生付き合っていくとなると、コストが掛かるだけではなく、家族で同じ食事を囲むのは難しくなります。お一人で気を付けなくてはいけませんので、ストレスが溜まる場合もあります。逆流性食道炎を予防する際には、まずは逆食改善プログラムをお役立て下さい。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

このページの先頭へ