十二指腸潰瘍とは?十二指腸潰瘍の症状とは?症状のチェック方法

十二指腸潰瘍とは、様々な原因で胃酸で胃が溶け、炎症を起こすことを言います。現代の食生活は、脂っぽいものだけではなく、消化に悪い食べ物やアルコールなどを飲む機会も増えています。

しかも、会社や人間関係などでストレスが溜まるのも多くなり、ストレスから起きる病は、たくさんあります。また、胃は食生活には、欠かせない部分で胃に食事が運ばれることで、内容物をとかし、体の栄養分となります。

しかし、胃が病気になると体には様々な症状が起きます。胃に穴があくといった話を聞いたことがあるでしょうか?実は、ストレスや食生活などで胃に穴が開いてしまうことは実際にあるのです。

胃に穴があく前の状態を十二指腸潰瘍といいますが、十二指腸潰瘍になると、非常に恐ろしい症状が起きてしまいます。では、十二指腸潰瘍はどのような病気なのでしょうか。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

十二指腸潰瘍とは?

十二指腸潰瘍とは、通常の胃は、食物を溶かす胃酸が入っています。食物が胃に取り込まれると、胃酸で食物が柔らかくなり、細菌などもそこで、殺菌できます。通常、胃は胃酸から守られるように、胃の壁を保護しています。

保護されていますので、胃壁が溶けるのは通常はありません。しかし、何かの原因があると、胃酸が出る量が増え、保護している部分を弱めます。胃は胃酸によって傷つけられます。これを十二指腸潰瘍といいます。

十二指腸潰瘍の症状とは

十二指腸潰瘍の症状とは、十二指腸潰瘍は胃が傷付きますので、様々な症状が出るだけではなく、主に下腹部に激痛が襲います。

背中から腰や背中の痛み

十二指腸は、背中のほうにありますが、背中のほうに潰瘍ができると、刺すような痛みが腰や背中に表れます。

みぞおちから上腹部の右側の腹痛

刺すような腹痛が襲いますが、食事などをすると症状が和らぎます。しかし、胃が空っぽになっている状態から、痛みが現れる時があり、空腹時だけではなく寝ている時に痛くなる場合もあります。

吐き気や嘔吐

胃液が多く出ていますので、胃を保護する際の粘膜のバランスが崩れます。吐き気だけでは無く、胸やけや嘔吐などが発生し、急激な体重減少なども起こりやすくなります。

吐血

十二指腸潰瘍が深く傷つくと出血がありますが、十二指腸潰瘍の出血によって、血を吐きます。十二指腸潰瘍で傷つけられた時の血の色は血は胃酸が混ざっていますので、本来の赤いものではなく、真っ黒い血を吐きます。吐血をする場合は腹痛が激しくなったり、冷汗等が現れる症状が見られます。

下血や血便

十二指腸潰瘍が傷ついていると、消化された際に排便に血が混じる時もあります。黒い便が出ますので、腹痛が続いている場合や様々な症状が現れた場合には、便の確認をする必要があります。

口臭やげっぷ

胃酸が増えると口臭に表れる場合があります。十二指腸潰瘍になった際の口臭は、食物が異常発酵しますので、卵の腐ったようなにおいがする口臭の場合が多くあります。

様々な症状がありますが、吐血や下血をしている場合には、体に何かの病気を持っている可能性もありますので、早めに病院に行くようにしましょう。

症状をチェックするには?

まずは、十二指腸潰瘍に出ている症状をチェックするのは大切ですが、症状以外にも確かめる方法があります。下の項目をチェックしましょう。

十二指腸潰瘍の症状チェック

    1.みぞおちあたりに刺すような痛みがある
    2.食べ物を食べたあと胸やけやげっぷが多い
    3.吐血や下血をしている時がある
    4.体重減少をするようになった
    5.便秘をするようになった
    6.貧血だけではなく立ちくらみが多くなった
    7.嘔吐をするようになった
    8.以前十二指腸潰瘍に罹ったことがある
    9.食事を食べた後に胃が痛む
    10.口臭がキツイ気がする

多くあてはまっている数が多いほど、十二指腸潰瘍の可能性があります。吐血や下血、口臭などは、十二指腸潰瘍ではなくても、大きな病気に罹っている可能性が高くなりますので、早めに対策を立てるようにしましょう。

十二指腸潰瘍は、胃に穴があく可能性が非常に高い病気です。激しい腹痛などもあり、食事を食べられなくなります。しかも、ストレスなどで起きる時もあり、胃が痛いと感じてる人は注意する必要があります。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

このページの先頭へ