十二指腸潰瘍を予防するには?十二指腸潰瘍に効果の高い予防方法

再発する時も多い十二指腸潰瘍ですが、十二指腸潰瘍になると、吐血や下血以外にもお腹が痛くなったり、刺すような痛みが続く場合もあるほど辛い病です。十二指腸潰瘍は、生活週間が乱れ、起きやすくなります。

胃の調子が悪いと、知らない間に穴が急に開く時もあります。現在は、様々な環境でのストレスが多く、十二指腸潰瘍を患ってる方は非常にたくさんいます。また、現在でも十二指腸潰瘍の患者数は増え続けています。

十二指腸潰瘍の患者数が増加している原因は、現代の食生活が変わったこともあり、消化に悪い食べ物もたくさんありますので、胃に負担を掛け十二指腸潰瘍を起こす時もあります。ピロリ菌を防ぐのは難しいですが、少しの予防によって、十二指腸潰瘍にならない場合もあるのではないでしょうか。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

十二指腸潰瘍を予防するには?

十二指腸潰瘍を予防するには、様々な予防方法がありますが、ストレスも多くの原因になっていますので、ストレスは溜めないほうが良いのです。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めると、自律神経が乱れやすく、消化器官を司っている副交感神経が過剰に動いたり、胃を守る機能を低下させ、胃の粘膜が傷つきやすくなり、胃酸で溶かせる状態になります。ストレスを溜めないようにするには、ストレスを溜めず、過度の我慢は良くありません。

自律神経が狂うと、様々な症状が起きますので、十二指腸潰瘍にならないようにするには、自律神経を狂わせず、溜めこまない場所を作る必要があります。

食事の摂りかたに気を付ける

食事の摂りかた一つで、十二指腸潰瘍の予防に大きな効果があります。また、食材や食事の方法を見直してみましょう。

ジャガイモやキャベツは十二指腸潰瘍に効果がある

食事は、胃に負担を掛けないものを食べ、ジャガイモやキャベツは、十二指腸潰瘍を改善する働きがあると言われています。しかし、キャベツを食べる際には、生のままで食べなければ意味がありません。

茹でると栄養分が逃げますので、生のまま、あまり調味料をかけずに食べます。キャベツには胃の粘膜を強くする成分があり、血流なども良くします。胃の全体の粘膜が保護されますので、十二指腸潰瘍になりにくいのです。

ジャガイモにも効果があり、胃の消化活動を促してくれる効果もあります。ジャガイモを食べると胃の保護をする際に利用できます。

脂肪分の多い食事は避ける

肉の脂身やフライなどは胃酸を出す量を多くしますので、胃を保護する粘膜を弱くする場合があります。特に夜や就寝前には、フライや肉などの料理を食べないのも大切です。

辛いものや刺激物は避ける

辛いものは、刺激物になりますので、胃の粘膜を弱くする可能性があり、胃に負担を掛けます。

特に暴飲暴食等が続いたり、ストレスが溜まると、一気に十二指腸潰瘍になる時もありますので、良く噛んで食べる習慣を身に付け、食事の際は時間を摂って食べるのが重要になります。

飲み物にも気を付ける

アルコールやカフェインが入っているものは、胃酸の分泌量が多くなりますので、あまり飲まないようにしましょう。

ピロリ菌の除菌を行う

現在、40歳~50歳の年代の人は、ピロリ菌に、過去に感染している可能性が非常に高くなりますので、十二指腸潰瘍にもなりやすいのです。しかも、ピロリ菌にストレスが重なると、さらに、自律神経が弱くなります。

ピロリ菌は薬などを利用して、ピロリ菌の除菌を行うのは非常に大切です。ストレスも大きな原因になりますので、イライラする気持ちをを溜めこんではいけません。

十二指腸潰瘍に効果の高い予防方法とは

十二指腸潰瘍に効果の高い予防方法とは、様々な予防方法がありますが、根本的な原因になる部分を取り除いていくのが必要です。食事やアルコールなどを見直して、生活習慣を正しても様々な予防方法がありますので、十二指腸潰瘍の予防法を試すだけでも時間が掛かります。

そこで逆食改善プログラムをお勧めします。様々な要点がわかり対策する方法などもありますので、利用すると十二指腸潰瘍にならないで予防できる場合があります。

しかも、逆食改善プログラムの場合は、たったの10分しか利用しません。時間を取らずに、姿勢を改善して、十二指腸潰瘍の予防をすることができる可能性が高いのです。

実際に逆食改善プログラムを行って100人中91人もの方が、改善したという話もあります。逆食改善プログラムは雑誌にも取り上げられています。医師に「もう治りません」「薬で治療していくことになります」と言われた場合には、逆食改善プログラムを使うと、治らない十二指腸潰瘍が改善できるでしょう。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

このページの先頭へ