十二指腸潰瘍の原因とは?十二指腸潰瘍が起こるメカニズムとは

十二指腸潰瘍になると、様々な症状が現れ始めますが、十二指腸潰瘍にはどんな原因があるのでしょうか。現代では、様々な食べ物がある他、食事時間や食事量など自由に決められ、尚且つ様々な食べ物を食べられます。

食生活や生活習慣は、病に関わってくる場合が非常に多く、十二指腸潰瘍も生活習慣も深く関わってくると考えられます。十二指腸潰瘍になるだけで胃が痛むだけではなく、酷い場合には、胃に穴が開く時もあります。

十二指腸潰瘍によって胃に穴が開いた場合、激しい痛みが襲うだけではなく、身体にも様々な部分から出血してくるときもありますので、気を付けなくてはなりません。十二指腸潰瘍の原因やメカニズム把握し、十二指腸潰瘍にならないのが大切です。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

十二指腸潰瘍の原因とは

十二指腸潰瘍の原因とは、十二指腸潰瘍というとストレスが原因と考える場合もありますが、実は、ストレスの他にも十二指腸潰瘍が起きてしまう原因があります。

ピロリ菌などが原因

十二指腸潰瘍は、約95%がピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)が原因であるものが多く、ピロリ菌は、胃の粘膜などに存在しています。しかし、普通の細菌は胃酸の中では溶かされ、通常は生きていられません。

しかし、ピロリ菌の場合は、アンモニアを発生させ、胃酸を中和します、しかし、ピロリ菌が出す毒素やアンモニア、活性酸素等が胃の粘膜を弱くし、傷つけ潰瘍を起こす可能性が非常に高くなります。

また、ピロリ菌に感染している人は中高年に非常に多く、ピロリ菌に感染していると慢性腎炎から十二指腸潰瘍になる可能性が高くなります。

ストレスや人間関係が原因

現代はストレス社会といわれていますが、ストレスなどもピロリ菌の手助けをしている可能性があります。ストレスのみで十二指腸潰瘍になるのは少ないですが、ピロリ菌に感染している際は、ストレスなども手伝い、さらに十二指腸潰瘍の進行が早くなります。

食生活や生活習慣が原因

食べ過ぎたり、脂っこいものが大好きな場合は、胃酸を大く出しやすくなりますので、十二指腸潰瘍になりやすい場合があります。アルコールなども原因で飲みすぎると、胃酸の分泌量を多くします。

タバコやアルコール、肥満気味の人は、十二指腸潰瘍になりやすいのです。毎日飲みや食べ歩きをしている場合は、胃に負担を掛けやすくなりますので、十二指腸潰瘍の進行のスピードが早くなる可能性があります。

食事を食べすぎるのではなく、少しでも食事を減らすのも大切です。暴飲暴食は十二指腸潰瘍を早めますので、良くありません。刺激物になる、カフェインも極力取らないようにしましょう。

薬が原因

中高年になると、関節が痛くなったり、腰痛が継続的に起こる場合があります。この際に、炎症を抑える鎮痛剤などを飲む場合がありますが、腰痛の痛みを緩和してくれる代わりに、胃の粘膜を弱くする可能性があります。

胃の粘膜が弱っていると、ピロリ菌に感染している際は、胃の粘膜が弱くなっているところに十二指腸潰瘍を作れますので。胃の粘膜を弱める薬もあります。胃の粘膜が弱くなると直接胃に胃酸が当たるため、穴が開きやすくなるのです。

これだけではなく、咳止めや風邪薬などを飲むだけでも、影響がありますので、十二指腸潰瘍になるケースは少なくないのです。薬を継続的に飲んでも悪化しない場合には、徐々に傷つけられて、一気に穴があく場合もありますので、気を付けなくてはなりません。

十二指腸潰瘍がおこるメカニズムとは

十二指腸潰瘍がおこるメカニズムとは、十二指腸潰瘍ができるメカニズムはまだ解明されていませんが、胃の粘膜が攻撃される原因と、胃の攻撃を防ぎきれなかった時に、十二指腸潰瘍ができると考えられています。

現在は、ピロリ菌が毒素などを出すと、胃の粘膜が胃酸にさらされ、食事を重ねるごとに胃が傷つき十二指腸潰瘍になる可能性が高くなります。何らかの影響によって、粘膜の修復が遅れ、胃は胃酸で溶かされてしまうのです。

十二指腸潰瘍を患うと

十二指腸潰瘍は非常に恐ろしい病で、ピロリ菌に感染していると、何度でも再発する可能性があり、出血すると、下血などが起きる可能性も非常に高くなります。

中高年などにも起きやすいですが、現代では、若い20代~30代にも見られていると言われています。年々増えている傾向にあり、大きな原因はピロリ菌ですが、ストレスやアルコール、喫煙などをすると症状が悪化する可能性が高いのです。

そこで逆食改善プログラムをお勧めします。逆食改善プログラムは、非常に簡単に行えたり、実際に治すのができている人もいます。実は、食事に気を付けるのも必要ですが、その中でも、間違っている方法もあるため、正しい食事方法を行う必要があります。

これは、正しい方法を行い、原因なども調べる時ができますので、薬などを飲む必要もありません。一番自然に治していけますので、実際に治っている人も多くいます。逆食改善プログラムを利用すると、十二指腸潰瘍を予防したり、治せる可能性は高いかもしれません。
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

このページの先頭へ