腰椎椎間板ヘルニアを改善するには?腰椎椎間板ヘルニアの対処法

腰痛が長く続くと、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高くなります。しかも、長期間腰痛が続く場合は、病院やカイロプラクティック、整体にかかる費用だけではなく、痛みを和らげてくれる薬なども高い費用が掛かります。

また、腰椎椎間板ヘルニアになると、再発を繰り返し何度も治らない人もいます。しかも間違った方法を試すと、さらに治らない可能性もあるのです。長い間治らないと、歩行困難になるだけではなく、排尿障害や排便障害になる可能性もあります。

腰が痛いだけではなく、手足がしびれ、感覚がなくなっていくのです。そのため、腰椎椎間板ヘルニアは早目に治しておくのが必要になります。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

腰椎椎間板ヘルニアを改善するには

腰椎椎間板ヘルニアを改善するには、多くの方法がありますが、悪化させないようにするには、まず、安静にするのが大切になります。

安静にして改善する

腰椎椎間板ヘルニアは動かしたり、炎症の起きている部分へ圧迫や負担を掛けると、悪化する可能性は高くなります。たまに整体やカイロプラクティックで腰痛がある付近をぐいぐい押す場合がありますが、負担が掛り、さらに悪化します。

特に整体やカイロプラクティックの場合は、講習を受けると取得できる資格になりますので、腰椎椎間板ヘルニアの根本的な原因や症状がわからない整体師も中にはいます。原因がわからないまま押すと、身体に負担を掛けます。

身体を動かさないのが大切になりますが、布団で安静にすると痛みが和らいでいく可能性があります。布団で寝る際にも、身体を丸めると髄核が神経根を圧迫しますので痛みます。安静にする際には、身体を丸めたり、うつぶせで寝るのではなく、仰向けで寝るのが大切です。

運動やスポーツを行わない

運動やスポーツは体をたくさん動かしますが、身体をひねる動作を行うと激痛が走ります。身体を動かしたり、ストレッチをすると痛みをさらに酷くする原因になります。腰椎椎間板ヘルニアに効果がある、運動やストレッチ方法でも腰を捻る場合には、行わないほうが良いでしょう。正しい対処法を知るのが必要です。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法とは

腰椎椎間板ヘルニアの対処法とは、安静にしているのが大切ですが、炎症が少し治まった場合でも激しい動きは、行わないようにしましょう。

注射を行う対処法

手術などを行うのもできますが、手術は、ご自身が受けたいと感じる時に受けるようにしましょう。しかし、排尿障害や排便障害など日常に影響を与えている症状がある場合には、早めに腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けなくてはなりません。

再発を防ぐ必要がある

腰椎椎間板ヘルニアは何度も起こる可能性が高く、治ったと感じてもすぐに同様の痛みが襲ってきて、何かの拍子に、腰椎椎間板ヘルニアを発症する時があります。

腹筋の強化を行う

腹筋を鍛えると、再発しにくい可能性もあります。

腰椎椎間板ヘルニアは再発の恐れがある

腰椎椎間板ヘルニアは再発の恐れがあります。鎮痛剤などを貰う必要がありますが、腰椎椎間板ヘルニアが40~70歳に起こった場合には、薬を飲み続けなくてはなりません。しかし、副作用があり、胃がただれやすくなったり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になる可能性が非常に高くなります。

そこで、腰痛改善ストレッチ「福辻式」を利用すると、腰椎椎間板ヘルニアの改善に役立てられる可能性があります。腰椎椎間板ヘルニアになると、薬や注射などを何年も行っている人もいます。

しかし、腰痛改善ストレッチ「福辻式」の場合は、約5分で行えるストレッチを自宅で行うと、腰椎椎間板ヘルニアにならない可能性もあります。実際に利用して治している方も多く、腰痛改善ストレッチ「福辻式」を利用すると、再発などの防止も行える場合があります

腰痛改善ストレッチ「福辻式」は、薬も注射も利用しません。間違った方法を正し、確実に腰椎椎間板ヘルニアを改善するのに正しい方法を利用して、腰椎椎間板ヘルニアを改善できる可能性は高くなります。費用を何度もかけるよりも1度購入すると繰り返し利用できますので、家族でも利用できます。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ