分離すべり症とは?分離すべり症の症状とは?

分離すべり症という病名を聞いたことはあるでしょうか。スポーツをしていない方にはあまり耳馴染みがないかもしれませんが、実はスポーツ選手の多くが経験したことがある腰に関する病気なのです。

腰に関する病気というと、年配の方に起こりやすいイメージですが、分離すべり症は成長期のお子さんや若い世代の方にも起こるトラブルとなります。

そこで、分離すべり症とは一体どのような病気なのか、また分離すべり症になるとどういった症状が出るのかについてまとめました。

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

分離すべり症とは?

分離すべり症とは、正確には腰椎分離すべり症と言います。また、腰椎分離すべり症は、まず腰椎分離症を発症して、病状が進行した際に起こる症状となります。

腰椎分離症というのは、名前の通り腰椎の一部が離れてしまう症状です。腰椎分離症は、生まれつき腰椎が離れている先天性分離症と後天性分離症に分けられますが、ほとんどは後天性分離症です。

後天性分離症が起こる原因として多いのが疲労骨折です。腰椎が疲労骨折して離れてしまうと、腰椎分離症を発症します。

そして、腰椎分離症の症状が進行して起こるのがすべり症です。すべり症は、腰椎が正常な位置から前、あるいは後ろにずれている状態になります。

ちなみに、すべり症は分離すべり症、変性すべり症、形成不全すべり症、外傷性すべり症、病的すべり症の5つに分類されますが、起こりやすい症状としては、主に分離すべり症、もしくは変性すべり症のどちらかになります。

分離すべり症の症状とは?

分離すべり症の症状としては、主に腰痛が挙げられます。人によっては一時的な痛みのため、あまり自覚症状がない場合もありますが、そのまま放置しておくと慢性化する危険性があります。

また、分離すべり症の症状としては、足がしびれたり、足に痛みを感じるといった症状もよく見られます。

腰痛

分離すべり症の場合、特に長時間立ち仕事をしていたり、同じ姿勢のまま動かないでいると重い腰痛の症状が出やすくなります。

また、腰を前後に倒した際に、腰がつっぱったり、強い痛みを感じたりすることも多くあります。

足のしびれや痛み

足のしびれや痛みの症状は、片方の足だけに出る場合もありますし、両足共に症状が出る場合もあります。

また、ある程度長い時間歩き続けたり、スポーツなどで足を動かす動作をした際にも、足のしびれや痛みの症状が出やすくなります。

分離すべり症は自覚しにくい?

分離すべり症になると、上記で記載した通り、腰痛や足のしびれ、痛みといった症状が現れますが、重症化していない場合は少しすると自然と痛みが治まるケースが多いと言えます。

そのため、分離すべり症を発症していたとしても、特に自覚することなく、そのまま放置しておく方が多いというのも事実です。

ただ、分離すべり症は適切な対処をしなければ、知らず知らずのうちに慢性化し、どんどん症状が悪化していってしまいます。

もし、最近腰が痛い、腰に違和感を感じるといったことがあれば、分離すべり症を発症している可能性もありますので、症状が重症化する前に適切なケアをすることが重要になります。

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ