腰痛とは?腰痛の症状とは?腰痛かどうかをチェックするには

腰痛とは、腰に痛み間感じられ、しびれなどが起きる状態の痛みを言います。立ち仕事をする時や何か作業をする際に腰が痛くなる場合があります。腰が痛くなる原因には、疲労がありますが、腰の痛みは種類があり、それぞれに別の原因があります。

しかも、腰痛が酷い場合は、痛みの度合いにより、癌の可能性もあります。また、腰痛にも関わらず原因が何もわからな場合もあります。腰痛はほとんどが原因不明で、病院などで診てもらった際、原因が分かるのは、約15%といわれています。

腰痛になると身体が痛くなり、作業や仕事に支障が出てます。酷い場合には、立てなくなり、トイレにも行けませんので、オムツでの生活をする場合もあります。腰痛は、放置しておくと悪くなる可能性が非常に高くなり、原因を知って早めに治しておくほうがいいのです。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

腰痛とは?

腰痛とは、腰に痛みを感じる状態をいいます。また、人によって原因や症状に違いがあり、腰痛は緊張性腰痛と慢性型腰痛の2つに分かれます。

緊張性腰痛

緊張性腰痛の場合には、原因として主に会社や家庭など日常生活を通して、長時間座っていたり、立っていたり、同じ姿勢でいるのが過度なストレスが発生し、腰痛を発症する場合があります。

交感神経が関係しますが、筋肉に過度なストレスが掛けられ、強い負担が掛かったまま激しい行動をすると、別の筋肉に力が入ります。体は全体のバランスを保つ時に、調整しますが、バランスが保てなくなり、腰痛が起きます。

慢性型腰痛

慢性型腰痛の場合には、日常で腰痛が発生する場合をいいます。腰が継続的に痛み、原因もわからない腰痛の場合が多くあります。原因がわからない腰痛の場合には、レントゲンなどを撮ってみるのですが、原因がわからないといった場合が非常に多くあります。

原因が特定できる腰痛

原因が特定できる腰痛は、圧迫骨折や椎間板(ついかんばん)ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)や癌、細菌に感染する場合などは、腰痛の原因を特定できます。

原因が特定できない腰痛

原因が特定できない腰痛の場合は、生活習慣やストレス、人間関係、不安感などの心の状態が影響しているのがあります。例えば、腰痛は治っているにも関わらず、頭の中で「腰痛がする」と感じると、神経によって腰痛が起きてしまいますので、痛みを感じます。病院などでは治すのが難しくなります。

腰痛の症状とは

腰痛の症状もそれぞれの原因によって、変わります。

椎間板ヘルニア、圧迫骨折

腰の骨の間には、椎間板といわれている部分がありますが、椎間板が骨の間に挟まり、クッションの役割をしています。しかし、椎間板のクッションの中にある、髄核が椎間板の外に飛び出すと、神経にあたり、痛みが表れます。腰痛だけではなく、腰や足に痛み、痺れなどが出てきます。

癌や細菌感染

癌が腰に転移した場合には、原因はさまざまな癌の場合がありますが、寝ている時にも腰痛が起きたり、日にちが経っているごとに痛みが増します。癌と同じように安静にする時も痛みが強く、細菌感染によって発熱する時もあります。

他の部位

消化器系や泌尿器系、婦人科系、循環器系などの病がある場合でも、腰痛が発生する時もあります。消化器系の場合には、食事を摂る際に腰痛が起こったり、痛みが強くなる時があります。

泌尿器の病になると、排尿をする際に腰痛が起こりますが、排尿時には、尿路結石や腎炎などの可能性もありますので、気を付けましょう。女性の方で腰痛が酷い場合は、婦人科系の病気に罹っている場合もあります。循環器の病気になる時には、いつも起きている腰痛とは違った腰痛が起きる場合があります。

急性腰痛症

急性腰痛症はぎっくり腰を言います。急性腰痛症の原因は明らかになりませんが、急性腰痛症が起こりやすいのは、腰全体に負担が掛かっている時に多く、軽い場合には約1週間程度で痛みが治まりますが、3週間ほど掛かる場合もあります。

腰痛になっているかのチェック

腰痛になりやすいのは、長時間同じ姿勢でいる場合、例えば(事務職、美容院、介護士、掃除代行、ウエイトレス)など、このような職業の場合には立っているか、座っているかが続きます。継続して同じ姿勢をとると腰痛が起きる可能性は高くなります。

腰痛チェック

1.中腰でする作業が多い
2.カバンなどを持つときはいつも同じ方向に掛けている
3.鏡を見たときにどちらかに体が傾いている
4.デスクワークや立ち仕事が継続的に続く
5.通勤は歩きではなく、車を使う
6.運動をしていない
7.猫背で歩くのが多い
8.重いものを運ぶ時が多い
9.イライラする場合が多いまたはストレスを発散できない
10.朝起きた時に腰に重みを感じる

いかがでしょうか、腰痛チェックに多くあてはまっているほど、腰痛が酷くなる可能性があります。腰痛がある場合には、かかり付けの病院に行くようにしましょう。しかし、原因が分かる時とわからない場合もあります。

腰痛を治すには

腰痛を治すには、腰痛が治らないと悩んでいる人は非常に多くいます。職業柄治りにくい方もいます。神経からくる腰痛や原因がわからない腰痛の場合は、痛み止めを貰ったり、整体などに行く必要があるかもしれません。

しかし、神経からきている腰痛や原因がわからない場合には、カイロプラクティックや整体を行っても治すことは、難しい可能性があります。原因が分かる場合には、良いのですが、原因がわからないまま腰痛が続くとストレスが溜まり、イライラする場合があります。

腰痛は、長期間続き、仕事や生活に支障を出す可能性は非常に高くなりますので、早期発見し、改善して行くのが大切です。

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ