脊柱管狭窄症の原因とは?脊柱管狭窄症の原因疾患とは?

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)になるとで歩きにくくなったり、日常生活にも支障が出る可能性もあります。最終的には、排尿障害や排便障害も出る可能性がありますので、放置するのは良くありません。

脊柱管狭窄症の原因は様々ありますが、原因を少しでも改善すると、脊柱管狭窄症にならない可能性もあります。多くの原因は体に負担が掛ると、老後に発症します。

実際にそれだけではなく、「こんな時にも!?」と感じる場合も脊柱管狭窄症になる原因が潜んでいます。では、具体的にどんな時が脊柱管狭窄症の原因に繋がるのでしょうか。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の原因とは

脊柱管狭窄症の原因とは、ほとんどの場合は、若い時に重労働をしたり、何度も体に負荷を掛けると、脊柱管狭窄症になる可能性は高くなります。また、スポーツを行っていた方でも脊柱管狭窄症になる場合もあります。

脊柱管狭窄症とは?脊柱管狭窄症の症状とは

脊柱管が狭くなる原因とは

脊柱管が狭くなる原因とは、脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなり起こりますが、脊柱管が生まれつき狭い場合もあります。しかし、老化現象によって徐々に脊柱管は狭くなります。また、若い時に行っていた仕事が原因で、脊柱管狭窄症に罹りやすい場合もあります。

ひねる動作を何度も行っていたのが原因

ひねる動作は、日常であまり行われない動作ですが、介護福祉士などを行っていた方は、利用者をトイレに移動したり、ベットに運ぶ時もありますので、体に大きな負荷が掛かります。

特に、介護の仕事を行っているとひねる動作だけではなく、中腰になる動作も多く、腰には非常に大きな負荷が掛かります。腰に負担を掛けると腰部脊柱管狭窄症になります。逆に首を何度も曲げると、首の骨に負荷が掛かり、頚部脊柱管狭窄症になります。

長時間同じ姿勢が原因

長時間同じ姿勢の場合は、体に負荷が掛かります。例えば、事務やドライバーなどは、長時間座らなくてはなりませんが、約1時間で腰には非常に大きい負担が掛かります。しかし、ずっと同じ体勢をとると、さらに負担が掛かり脊柱管狭窄症になる可能性があります。

しかもドライバーの場合は、動いている車に乗っていると、座っている時よりも負担が掛ります。

また、美容師やコンビニ店員なども立っている時間が長く、同じ姿勢は腰部や首に大きな負担を掛ける原因になります。負担を何度も掛けると首や腰部が硬くなり、血流を悪くするし、脊柱管狭窄症が起きます。

スポーツや運動が原因

スポーツや運動も原因になります。長時間同じ運動をしていると同様に体に負担が掛かり、腰部や頚部が硬くなる恐れがあります。無理に体を動かすと負荷がさらに掛かります。

脊柱管狭窄症を発症しやすい人は?

脊柱管狭窄症を発症しやすいのは50歳~80歳の年代の方が多く、女性よりも男性に多く見られます。甘いものを好んで食べる方は、脊柱管狭窄症に罹りやすくなります。

脊柱管狭窄症の原因疾患とは?

脊柱管狭窄症の原因疾患とは、腰部脊柱管狭窄症や頚部脊柱管狭窄症です。しかも、腰部脊柱管狭窄症に罹った場合は、少しだけしか歩けなくなる可能性もあります。

脊柱管狭窄症の原因疾患

脊柱管狭窄症の原因疾患は、変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)と腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、頚部脊柱管狭窄症(けいぶせきちゅうかんきょうさくしょう)です。

脊柱管狭窄症の疾患が起きる原因は、老化現象により起きます。腰部脊柱管狭窄症の場合は、腰部の脊柱管が狭いと発症します。また、腰部の椎骨が変形すると、変形性腰椎症を引き起こす原因にもなります。

頚部脊柱管狭窄症は、首に負担が掛り、発症します。50歳ごろから罹りやすく、若い頃に負担の掛かる仕事は適度に休憩を入れながら行ったほうが良いでしょう。
腰痛改善ストレッチ「福辻式」

このページの先頭へ